市Pバレー

市Pバレーってなんやねん、と思うけど、これは「神戸市立小学校PTA連合会バレーボール大会」のこと。
年に一度の大会。
秋に区で選抜大会があって、各区から2~3チーム出場する。

去年までうちのバレー部が3連覇。
去年は午後から応援に来て、決勝を観戦した。
メンバーが2名入れ替わり、今年はどうかなと思いながら、応援に行った。

今年、ぼくはPTA会長ってことで、区Pの会合にも出るようになって、他校の会長さんとも面識ができた。
それでようやくこういう大会の運営がいかにたいへんなのかを知った。
知ったと言っても、自分は話を聞くだけで自分で体験しているわけではない。

運営する人は毎年替わる。
その年の市Pの役員、つまり各区Pから輪番なりで出る人たち。
毎年はじめてやるという人ばかりで、そもそもバレーボールを知らない人たち。

うちの区から代表として出ているMさんの小学校にはPTAバレー部がない。
それでも役目だから、大会役員として会社の休みを取って出席されている。
何かしら役に立てば、という気持ちもあって、ぼくもお手伝いってことで朝から行くことにした。

今年は区のバレーお世話校に当たっていて、うちの小学校から一人運営委員が出ることになってて、そちらはうちの本部役員の方に一人出てもらった。
だから、ぼくは別に役は当たっていない。
行ってもすることないかな、とは思いつつ、何となく、行かないと気がすまなくて、行った。

何でそこまでするかと思われるかもしれない。
午前中診療所を休みにして。
自分でも何でだろうって思う。

好きなんでしょ、と言われたらそうかもしれない。
でも、好きでPTA会長をやっているわけではない。
もう一年やれと言われても、引き受けるつもりは毛頭ない。

ただ、自分がPTA会長を引き受けた以上、自分が納得できるようにやって、辞めたい。
自分のためなんだよね、自分がやってることは。
今日も朝から応援に行って、よかった。

会長会で出会った方たちにも何名かお会いすることできたし、年に一度だけだけど、PTAバレー部のみんなの勇姿を見ることができた。
王子スポーツセンターのフロアに6面コートが設置され、24チームが熱戦を繰り広げられている様子は見応えがあった。
PTAバレーとはいえ、十分に見応えがあるんだな、これが。

バレー初心者の人もきっといる。
でも、ずっとバレーやってきた自分がコートに入っても通用しないな、と思う。
それがゴムバレー。

練習量だな、というのは感じた。
お母さんたちだから、年齢はアラサーよりはアラフォーだろう。
それでもあれだけ動くんだから。

お母さんたちの青春。
きっと無数のドラマがあるんだろう。
いろんなことを思う。

結局、うちのPTAバレー部は見事4連覇を達成した。
正直、厳しいなと思って見てたんだけど、彼女たちは成し遂げた。
特に決勝では、フルセットにもつれ込んだからね。

PTA会長だからって、休みを取って応援に行って、優勝してくれた。
祝福してあげられた。
ほんとうによかった。

会長やってたうちの、一つのうれしい出来事。
疲れたけれど、個人的には実りのある一日だった。
こうしてまた、一つ行事が終わった。
[PR]

by omori-sh | 2012-01-19 20:24 | episode