中学時代の同窓会

中学時代の同窓会に参加した。
30年くらい前の友だち、そしてバレー部顧問のS先生。
c0056707_8301733.jpg

女バレのみんなとの再会も、うれしはずかし。
名前がわからん、思い出せない、という人もあったけど、12クラスもあった中学だったから。
中学は高校よりもずっと幅広い層のつながりがある。

中学の頃話したことないよねーと言いながら、今となってはそれもまたよし。
子どもが同じ学校に通っていて、「PTA会長おつかれさま」と声をかけられた。
そうか、そういうことも、そりゃあるわな。

当時男子バレー部は部員が多くてぼくたちの学年だけで30人以上いた。
顧問はN先生とS先生。
S先生は卒直後ではじめての担任を受け持った学年でもあった。
c0056707_841059.jpg

今、53歳ということで、わずか10歳しか違わない。
あの頃、若かったS先生は一緒に泥んこになってた。
げんこつもあったけれど。

メンバーがいくら多くても、試合に出られるのは限られた人数。
背番号をもらえないやつのほうが多い。
でも、みんなやめなかった。

尋ねると、「楽しかってん」と話してくれた。
「レギュラーのやつらに対する妬みなんかもなかったで」
「試合で勝ったらうれしかったし、一体感あった」

そんな言葉を聞いて、いいやつらに恵まれてたことをあらためて知った。
顧問の先生を囲んでこうして同級生の店で集まれるって、つくづくうれしい。
部活って、やっぱりいいもんだな。

同窓会だと、互いの呼称も当時のままだから、あだ名や呼び捨て。
ぼくは当時「おおもっちゃん」と呼ばれていた。
あの頃の呼び名を使ってもらえると、自分の存在が認められていたような気がした。

友だちがさっそくfacebookに写真をアップしてくれたので、拝借。
最後にみんなで撮った写真、誰のカメラだったかな。
c0056707_859499.jpg

40代って、楽しいね。
[PR]

by omori-sh | 2013-05-19 09:02 | episode