社会派ブロガー

いつの頃からか、ぼくはちきりんのファンだ。
ちきりんは伊賀泰代さんだとか言われているけれど、それも頷ける。
だったら姫路の人ではないか。

社会派ブロガーとか言われてるちきりん。

ちきりんの著書は読みごたえあって、どれもおもしろい。
鋭い観点、深い洞察に恐れ入る。
そしてそれをわかりやすく、ユーモアを交えて表現できる才能がまたすばらしい。

ちきりんのツイートをまとめた本があって、たまたま入った本屋で見かけておもしろそうだったので買ってみた。
その中からちょこっと抜粋。

「愚痴を言う」「他人を嫉む」「誰かに評価して欲しいと願う」… 人生を無駄にしたければ、この3つをどうぞ。

「自分が納得できる仕事をしている」ということの価値はすごく大きいよね。人生なんてしょせん自己満足なんだから。

「なんでも巧くこなせる優等生」より、「自分の好きなことに尋常じゃないレベルののめり込み方ができる人」のほうが「正解」になりつつあると感じる今日この頃…。

人生の問題解決方法で有効なのは、1.逃げる、2.忘れる、3.お風呂に入って、あがったらすぐビール飲む、の3つだと思う。

45歳にもなって、組織を離れたら食べていけないとか最悪。20年も働いてきて、何を学んでるの? って感じです。

ツイッターって、こういう言葉をフォローしてるだけで日々読めるんだよね。
便利なツールだと思う。

ちきりん女史の考え方はとっても参考になる。

[PR]

by omori-sh | 2015-06-05 22:56 | episode