2015 夏のキャンプ 3日目

早く寝ると早く目が覚める。
虫さされのかゆさと筋肉痛がひどい。
5時を待って起き上がり、テントの外に出た。

子どもたちが起きるまでのしばらくの時間はのんびりタイム。

木々の隙間から朝日が見えた。

c0056707_23034891.jpg

kasuが朝ごはんの準備をしてくれた。
義母さんからいただいたカボチャがメイン。

c0056707_23055041.jpg
キャンプでは、3食作って食べて片づける、というのがメインだ。
キャンプでは普段食べない朝ごはんを一緒に食べることにしている。

c0056707_23071326.jpg
これだけでも、十分だ。

そして、食べた後は撤収作業。
家族で協力して、という建前だけど、chuはあまりやろうとしない。
日頃から親が何でもやってしまうからか。

そのあたりはぼくにとっての反省点でもある。
何も言わなくても、自分で気づいてやりはじめてくれたら、と思うのが間違いなのだろうか。
ここは課題だ。

3日目は晴れで、気温がぐんぐん上がって、一日ずれていたらと思うとぞっとした。
ぼくらはついている。

8時半頃に撤収が完了し、キャンプ場の管理人さんに別れを告げた。

また会うことはあるんだろうか。


早めにキャンプ場を出て、寄り道しながら帰る。
去年は宇治に寄った。

今年は、10年ほど前に行った関宿へ。

c0056707_23185186.jpg
10年前に比べて、店が減ったような気がする。
もっとにぎわっていた記憶がある。
而今禾は今回もお休みだった。

でも、ここの町並みは好きだ。

c0056707_23214192.jpg

pazを見て話しかけてくれたご夫婦が一の鳥居が神戸の生田神社から送られてきたんだよと教えてくれた。

その鳥居まで歩いて引き返すことにした。

c0056707_23250300.jpg
この鳥居、そういえば10年前にも写真を撮った記憶がある。

ミラーに映る家族を撮った。

c0056707_23261163.jpg

c0056707_23264053.jpg
今回、家族4人揃った写真はこれだけしかない。


ドッグカフェでランチにした。

c0056707_23302805.jpg

家庭的な味で、おいしかった。

暑さで妻がへばってしまってたけれど、涼しいところで休むと、少し回復した。

ドッグカフェなので、pazは店員さんや他のお客さんにもかわいがってもらった。
なかなか犬同士すぐになかよく、というわけにいかない。
まあ人同士だってそうだよな、と思った。

c0056707_23335690.jpg
一番暑い時間帯。
そして、ランチの後は眠くなる。
名阪国道を西に走っていて、眠気がやってきたので、針で休憩。

針テラスはにぎわっていた。
ここでもpazを見て声をかけてくれる人があった。
イタグレはまだまだ珍しいみたい。

最後に香芝で下りて當麻寺に寄った。
葛城ってところもはじめて。
奈良のお寺めぐりはこれから妻と行きたいと考えていて、気になっていたお寺。


立派な蓮の花が咲いていた。

c0056707_23422864.jpg
暑くて汗が噴き出す。
夏の空がうらめしく感じられた。

c0056707_23432176.jpg
サルスベリが暑さをさらに増してる気さえする。

c0056707_23452139.jpg
夏だね。


中将姫の話が興味深かった。
伝説らしいけど。


c0056707_23462109.jpg
おみやげを買った。
お茶の葉、佃煮、奈良漬け、団子。

帰りは柏原インターから西名阪に乗り、阪神高速で帰路。
西行きはスイスイで渋滞知らず。

洗車して、給油して帰宅。
一気に片づけ。

今年の夏のキャンプが終わった。

もしかして、家族でキャンプってのは最後かもしれない。
いやいや、またいつか、必ず。

また行こうな。

[PR]

by omori-sh | 2015-08-15 23:51 | episode