せんせい

せんせい、と呼ばれる職業人は多い。
ぼくだってセンセイって呼ばれたら振り返る。
でも、せんせいっていったら学校の先生だ。

重松清さんのせんせいを読んだらせんせいが愛おしくなる。
教員に対してはいろいろな声があるけれど、やっぱ教師は子どもたちにとって特別な存在だ。
先生の言動は、思った以上に子どもたちや保護者に影響がある。

すばらしい職業だと思う。
憧れの職業であり続けて欲しい。
だから、先生を応援しようと思う。

先生と手をつないで、子どもたちの役に立てるっていいなと思って、バレーボールクラブをさせてもらっている。
そして今夜はコーチと先生方との懇親会。
垣根をできるだけ取り払ってつき合いたいのはお互いだ。

うちの子たちはもう小学校を卒業してしまったけれど、ぼくはまだこうして小学校とつながっている。
いつまでやれるかはわからないけれど、もうしばらくは続けようと思っている。
ぼくがやってる間は、このスタンスでいきたい。

[PR]

by omori-sh | 2015-08-23 23:51 | episode