雨の中、室生寺と長谷寺へ

この秋、行くと決めていた室生寺へ。
雨中のドライブになったけれど、すいてていいよね、なんて妻と話しながら。
紅葉も楽しめるといいけど、それより仏像の特別拝観がめあて。

c0056707_20550171.jpg

仏像を拝みにお寺に行くようになったので、せっかくだから朱印帳がほしくなった。
室生寺について、ゴージャスな朱印帳が販売されていて、気に入ったので、購入。
さっそく書いていただいた。

c0056707_20541900.jpg

寺巡りの楽しみがひとつ増えた。
旅の記録にもなるし、とてもいい。
子どもの頃は祖父母が巡礼してるのを何がうれしいんやろと思って見てたんだけど。


c0056707_21002222.jpg

真言宗のお寺。
うちのお寺は天台宗だけど、気にしない。

特別拝観できる、金堂。

c0056707_20595023.jpg
寺の女性がとても親切で、さりげなく説明して下さった。
国宝の釈迦如来像と十一面観音菩薩像、どちらもとても美しい。
長く見ていても飽きないのが不思議だ。

薬師如来を守るという十二神像は干支を頭上につける。
普段国立博物館に出向している二体も帰ってきていて、十二体揃っていた。
表情が豊かでおもしろい。

本堂は如意輪観音菩薩さま。
ここでも朱印をお願いした。


c0056707_21350256.jpg

五重塔は土門拳が愛したという。


c0056707_21300657.jpg

雨の中、奥の院へ。
石段をがんばって登る。
女人高野だからね、妻もがんばる。


c0056707_21370920.jpg

さあもうひといきだ。
霧が立ちこめて、神々しい。
こういう天気も、趣がある。

奥の院まで上がる人は少ないと聞いたけれど、いやいや、雨なのにけっこう人がいる。

c0056707_21384779.jpg

ここでも朱印を。


c0056707_21410453.jpg

弘法大師がまつられている。
真言宗だからね。
いつかは高野山に。

その前に比叡山に行かないといけないかな。


寄り添う紅葉。

c0056707_21452723.jpg
雨中の紅葉もいいね。

c0056707_21462073.jpg

よもぎ餅を歩きながら食べたけど、これがまたうまい。
室生よもぎ餅本舗もりもとさんの粒あん入りで焼いてある餅。
これで虫押さえして、移動。

長谷寺へ。

c0056707_21522761.jpg
仁王門は明後日から修復工事がはじまるらしい。
ここはラッキー。
そして特別拝観開催中で、本尊大観音像に触れることができるという。

長谷寺といえば、登廊(のぼりろう)。


c0056707_22021714.jpg

雨の日にはとてもありがたい。
399段あるという。
いい運動になる。

本堂の十一面観音菩薩立像は高さ10mを超える。
国内では最大の木造の仏さまだそう。
そして特別拝観ということで足を触らせてもらった。

観音様とのご縁を結ぶということで五色の紐を左手首につけ、仏様をみあげながら、足をなでた。

ここでも十二神将がおられた。
普段は見ることができないようだ。

五重塔もあり、立派なお寺だ。
c0056707_22155571.jpg

あいにく国宝の舞台は修復中だった。
花の季節にまた来たいね。

c0056707_22123881.jpg

よく整備されているけれど、これを維持するのはたいへんだろうなあ。

お、かたつむり。

c0056707_22182914.jpg
朱印をいただいて、帰ろう。

ドウダンツツジが色づくと、きれい。

c0056707_22193266.jpg

ここでもよもぎ餅を歩きながら食べて、おみやげは柿の葉寿司と奈良漬け。
ここのお店、いい。
白酒屋さん。


c0056707_22210384.jpg

遅い昼ごはんは帰りの車中で柿の葉寿司と一緒に買った焼き鯖寿司を。
めちゃうま。

c0056707_22224874.jpg

鮭より鯖だね、やっぱり。

帰宅して、朱印帳を再び見て、じわじわ喜ぶ。

c0056707_22235911.jpg

早めに帰宅して、疲れも残さずいい日曜日。
雨でも十分楽しめた。

古寺巡礼、これからだね。

[PR]

by omori-sh | 2015-11-08 22:25 | episode