近江湖南へ

いい夫婦の日、奈良京都ではなく滋賀へ。
紅葉シーズン、混雑は避けたいから。
まずは長命寺。

c0056707_21120105.jpg
朝はまだ元気なので、808段にチャレンジ。
8合目まで車で行けるから、みなさんこの石段はのぼっておられない。
貸し切りなので、気持ちいい。

c0056707_21140161.jpg
確かに、なかなかの道のり。
でも、この石段をのぼればこそ、のはず。
ご利益あるよね、たぶん。


c0056707_21165346.jpg
西国31番の札所。
長命寺って、ありがたい名前だね。
長命でありたいかというと、必ずしもそうでもないけど。


c0056707_21204240.jpg

ここが絶景ポイント。
今日は霞んではっきり見えないけれど。
がんばってのぼった甲斐があったね。

c0056707_21220572.jpg

天台宗のお寺。
本尊は千手十一面聖観音菩薩三尊。
ご朱印をいただいた。

紅葉が美しい。

c0056707_21272702.jpg

下山は車道を歩いた。
体力の消耗を防いどかないとね。

次は石馬寺へ。

このあたりは皇帝ダリアが多い。
c0056707_21300169.jpg
また石段。


c0056707_21313273.jpg

聖徳太子由来の寺だそうな。
白州正子さんも愛した寺だとも。

紅葉と仏像を愛でる。

c0056707_21341484.jpg
ここの役行者像はすばらしい。
他の像も迫力ある。
本尊は阿弥陀如来座像。

今年の紅葉は、冷えないせいかいまいち。
そういう年もあるね。

c0056707_22105054.jpg

とはいえ、紅葉はいい。

c0056707_22255826.jpg


こぢんまりとしたお寺だけれど、枯山水もあり、風情がある。


c0056707_22153715.jpg

御朱印もいただき、下山。

次は観音正寺。
事前には知らなかったけれど、看板を見かけて。
西国32番。

c0056707_22180312.jpg
参道にことわざが書かれた立て札があり、歩きながら考えさせられる。
当たり前のことなんだろうけれど、真理は時に厳しい。

山頂に立派な寺。
四季を通じて景勝を楽しめる名刹とある。

c0056707_22245088.jpg
本堂の横に積まれた石の壁には驚いた。
縁結びの祈祷道場だとか。


c0056707_22304487.jpg

本尊は白檀の千手観音。
新しい本堂に仏像。
とてもきれいに整備されたお寺。


c0056707_22344550.jpg

最後は湖南の善水寺。
仏像オールスターズを拝みに。
国宝の本堂。

c0056707_22372912.jpg
天台宗のお寺。
住職による解説を聞くことができた。
仏像は傷みが激しく、それだけ歴史を物語る。

千二百年という年月の重み。


c0056707_22425226.jpg

c0056707_22454510.jpg

霊水は病気平癒の効能があるという。
一口いただいた。

今年の紅葉めぐりはこれで最後かな。

c0056707_22513288.jpg

赤くなって散る葉から、これから赤くなる葉まで、混在している今年の紅葉。


c0056707_22523744.jpg

老若男女が混じり合う姿に見えた。
共存しようってことかな。

帰り道は渋滞も大したことなく、2時間ほど。
滋賀って意外と近い。

12時間ほどの小旅行。

[PR]

by omori-sh | 2015-11-22 22:55 | episode