大ケヤキを見に

須飼さんの絵の大ケヤキを見に柏原へ。

c0056707_21202786.jpg
c0056707_21213047.jpg

樹齢1000年と言われる天然記念物。
木の根橋として地元のみなさんに愛され、保存されている。

明治時代の建物とのバランスもいい。

倒れないように支えられながら生きる老木。

c0056707_21255265.jpg
すぐそばには八幡宮。

c0056707_21273823.jpg
pazと一緒にお参りしよう。
今日はkasuが友だちと遊びに出かけていて、chuだけがついてきてくれた。
珍しい組み合わせだ。

c0056707_21290291.jpg
小さな城下町。
趣があってステキな町だ。

八幡神社も地元の方が大勢お参りするようで、よい雰囲気。
c0056707_21305563.jpg

chuがひいたおみくじは吉。

c0056707_21301507.jpg
目上の人の言葉に耳を傾けるように、というアドバイスが。

30年前にぼくが祖父母に買ってもらったマクレガーのスタジャンを着る息子。
ぼくのマウンテンパーカも20年以上前のものかな。

ランチは観光案内所の若い女性に教えてもらったたんば黎明館へ。
2階のビュッフェスタイルで。

c0056707_21371895.jpg
丹波産の野菜を使ったサラダ、ラザニア、鹿肉のカレーなど。
リーズナブルでおいしくて、満足。
桜の時期にまた来たいね。

c0056707_21395697.jpg
スイーツのおみやげを買って、もう一つの目的地へ移動。

仏像を求めて、達身寺へ。

しばし多くの仏像を3人で独占。

昔国宝だった12体の仏像は見応えあり。
達身寺式と呼ばれるおなかぷっくりが特徴。
室生寺の十二面観音にも通じる作風だとか。

古文書がないため謎に包まれたままの丹波の古刹。
快慶がここの出身で、残された仏像の一部は快慶によって彫られたものかもしれないという。

chuが一緒に楽しそうに仏像を眺めてくれた。
なんか心が落ち着くわ~と言いながら。

c0056707_22040600.jpg
春になるとこのあたりではカタクリが咲くらしい。
春にまた、ゆっくり来てみたい。

c0056707_22052700.jpg
帰路も1時間半。
近いね。

[PR]

by omori-sh | 2016-01-17 22:06 | episode