オレンジチーム

11月の大会から2ヶ月経ったけれど、再びオレンジチームでバレー。
隣の小学校と交流ゲーム。
ぼくも監督として締めくくり。

大会の時とは違ってゆるーい雰囲気。
それは当然だろうけど、だからこそ、肩の力が抜けていいプレーも。
子どもたちはあの時よりも確実に成長していた。

うちのクラブでみんなとともにバレーをかじって、バレーが好きになってくれてたらうれしい。
中学に入って部活でバレーに励みたい、という子も何人かいるだろう。
バレー部に入っても入らなくても、このクラブでの経験をこれからに生かしてくれたら、それでいい。

c0056707_20595329.jpg
一人お休みだったけど、監督・コーチも入った集合写真は記念になるね。

この子たちのことをあれこれ考えて、チームづくりをしたのはぼくにとってもいい経験だ。

みんな素直でいい子ばっかりだった。

もちろんそれぞれ個性があって、いい笑顔のときもあれば、そうでないときもあった。

今日の簡単なレポートはクラブのブログにアップしておいたけど、保護者のみなさんのあたたかいサポートもうれしかった。

親は子が楽しくやってくれるのが一番だけど、そんな親の期待に応えられただろうか。
自分自身が親として子どもを見ながらクラブを作ってきたけれど、我が子が卒業して2年目。
親ではなく、指導者として見られているだろう。

コーチとして、少しは認めたもらえただろうか。
そこんところはよくわからないけど。
とにかくぼくは楽しませてもらった。

[PR]

by omori-sh | 2016-01-31 21:10 | episode