誤報

Fさんが亡くなった、という情報が入ってきた。
驚いた。
信じられないというか、信じたくなかった。

嘘やろ、と思いながら、家族で弔問の準備をした。
通夜式には間に合わないので、夕飯食べてから、ゆっくり伺おうって思って。
着替えて、さあそろそろ行こうかという時、ケータイを確認すると、誤報であることを知った。

ほっとした。
でも、その誤報は、別のFさんが亡くなったことに対しての間違いだった。
そして、実際に亡くなったFさんについては、ご本人は存じ上げないけど、奥さまやお子さん、義母さんとは面識があった。

だから、誤報でよかったですね、とは思えなかった。

若くして帰らぬ人となることは、ある。
自分もいつそうなってもおかしくない、と思う。

でも、まだ自分の番は来ないと思っているのも事実。

きっとFさんも、まさか自分にそんな番が回ってくるとは思っておられなかっただろう。
気の毒でならない。

ご冥福を、お祈りします。

[PR]

by omori-sh | 2016-02-12 20:14 | episode