精神的に健康である条件

数日前紹介した本より。

精神科医の春日武彦先生の言葉。


人間が精神的に健康である条件について

◇自分を客観的に眺められる能力

◇物事を保留(ペンディング)しておける能力

◇秘密を持てる能力

◇物事には別解があり得ると考える柔軟性



反省とか良識とか羞恥心とかバランス感覚といったことに通じる自分を客観的に眺める能力が必要。

ペンディングする能力、あるいは精神的な意味で中腰の姿勢に耐えられるだけの余裕も極めて大切。それは忍耐力とか不安に耐える力と言い換えられるだろう。一種の能天気さとか楽天性、「ま、なんとかなるさ」とやり過ごせるだけのいい加減さとも言える。

待つ能力、保留しておける能力は、本人のみならず周囲の人びとにも安定した気分を与えてくれる。

秘密を持つというのは、後ろ暗いことという意味ではなくて、自分だけの世界というものをきちっと持てるかどうか、ということ。
胸にそっと秘密を持つことにもっと楽しさを感じるべきだ。

あまりにも論理的で整合性があり過ぎることが問題となることがある。頑なさ、依怙地さ、日常感覚よりも論理を重視する姿勢が異常な精神状態へと導いていくこともある。
別解を受け入れる柔軟性を持ち合わせておいたほうがいい。


逆に「精神を病む」といった状態とは煎じ詰めればどうのようなことなのか。

◇その人にとって、物事の優先順位が常識や良識から大きく逸脱しているとき

人間の行動というのはほんの一つか二つ優先順位がおかしくなっただけで、極めて奇怪に映りがちである。




今日も、できるだけ冷静に、慌てずゆっくり優先順位を見極めていくことにしよう。
[PR]

by omori-sh | 2005-12-13 07:49 | book