ミミズ

我が家の庭には土の部分が多い。
庭に花や木を植えるとき、ある程度ゾーンわけした方がすっきりするので、ブロックとかレンガとかで区切っているところも多い(庭は低予算なのだ…)。

今日は仕事が休みで久しぶりに庭仕事をした。
久しぶりに土いじり。
ちょっと庭を模様替え。

そこでブロックやレンガを少々移動。
するとそこには、、、
ミミズやらナメクジやらムカデやら。

ジメジメした場所に生息する彼らが苦手ならこういう作業は無理かもしれない。
でも、ミミズのおかげで土がよくなると思うと大量のミミズくんたちが愛おしくなる。
というのは大袈裟だけれど、少なくともぼくはミミズくんたちのことは嫌いではない。

もちろん素手で触ることができる。
そばで見ているchuは素手で触ろうとしない。
「男の子だろ、ミミズくらい触れないでどうする?」

ミミズが触れなければ魚釣りもろくにできない。
土を掘ったり石をどけたらミミズがいることくらい知ってないと子どもらしくない。
もちろんそういうことは親がやって見せて覚えていくのがいいと思う。

庭で土をいじるといろいろ体験できておもしろい。

chuもミミズを触ることができるようになった。
[PR]

by omori-sh | 2006-06-01 17:46 | garden