サクランボ

庭のサクランボがいっぱい実をつけてくれた。
昨日から収穫開始。
今朝、ぼくもちょいちょいとつまんでみたら思いのほかおいしくて驚いた。

サクランボの木は管理が面倒みたいで毎年豊作、というのは難しいだろうけど、ちょっとしたと楽しみがひとつ増えた。
子どもたちが手の届く高さに実がなるのを維持したいものだ。
子どもたちも毎年成長するから届く高さも伸びていくけど。

いずれにしてもどんどん大きくなりすぎても困るので、収穫が終われば剪定だな。
枝を見極めないといけないらしいけど、去年はそんなこと何にも考えずにただ適当にやったと思うんだけど。
適当でもうまくいくことはあるんだな。
期待せずにうまくいったときの喜びって案外大きい。

庭に植えてから4年ほど経って、はじめて今年たくさんの実に恵まれた。
来年はどうなるかわからないけれど、こうして忘れた頃に結果が出るということもあるってことだ。
すぐに結果を求めすぎる傾向の毎日。

実を結ぶのはずっと先、ということのほうが多いかもしれないのに。
[PR]

by omori-sh | 2008-05-09 06:48 | garden