荒れた庭

ついほったらかしになってしまう庭。
思いのほか伸びている植物、その逆の植物。
週末にうちの庭でBBQでもと考えているので、少しくらいは手入れしとくことに。

木曜午後、お昼ごはんのあとまず診療所のアプローチの手入れ。
診療所まわりは毎日そうじはしているけれど、球根もいただいたし、今の植物も元気なくなってきてるし、久々の更新作業。
10月になったもんね。

思い切って伸びすぎた株を根元から切り取った。
淋しくなったけれど、すっきりしたなあというほうが強い。
土が見えても悪くない。

続いて家の庭。
こちらのほうがえらいことになっている。
こういうときは思い切ってパシパシ切るのがいい。

荒れた庭、どんどんコントロールできなくなっていく。
淘汰されていってて、この土地に合うものは増え、合わないものはなくなっていく。
増えて欲しい種類が必ずしも増えると限らない。

荒れた庭も、自分たちがつくってきた庭だから、愛着はすごくある。
素人なりに、楽しめる庭。

荒れた庭だから、バッタがたくさんいる。
トカゲもいる。

そろそろ終わりの萩の枝をいくらか払ったら、ススキがよく見えるようになった。
秋のススキはいい。

お、ススキにバッタがとまっている。

植物だけじゃなく、昆虫やメダカやバッタも住んでて、鳥がやってくる庭にしていたい。

少々荒れてても、自分の庭がいちばん。
[PR]

by omori-sh | 2008-10-02 20:19 | garden