loop

なぜか御連絡するのが遅くなってしまい申し訳ありません。
4月6日にloopの飲食店をオープンしました。
チキンジョージの隣(東急ハンズの少し上)なのでまた近くに寄る事がありましたら、立ち寄っていただければ幸いです。


ぼくらの家の門扉や鉄製の塀をつくってくれた、H氏よりメールが届いた。

書中見舞いってぼくは送ってないんだけれど、久しぶりの便りというのはうれしいものである。

春にオープンした店、ぜひ足を運んでみたい。
[PR]

by omori-sh | 2006-07-27 08:27 | shop/spot

雑誌の威力?

本日ランチにわざわざ遠出した。
chuを幼稚園に迎えに行ってそのまま3人で。
kasu、すまない、許しておくれ。

めざしたのは西方面。
今月号の雑誌SAVVYを見て行ってみようとなったお店。
行ってみてよかったらみどりぐみのあとみんなで行けるいい店を探している。

ハピネスさつまの近くといえば焼肉なんだけれど、ぼくはどうも焼肉に行こう!という気分ではない。
あまりこれといった理由があるわけではないけれど、ビールを飲むことができないというのが一番かな。
夕食時にアルコール抜きというのは焼肉に限らず淋しいけれど、焼肉をビールなしでというのはぼくにとってはきついのだ。

雑誌で見つけたお店はイヌイットというお店。

c0056707_1775347.jpgいわゆるスローな感じのお店。
lohas派のぼくとしてはパッと見てここだと思った。

だいたいの地図を頭に入れて走ったらすぐ見つかった。

「なんでそんなすぐに見つけられるの?」と妻は驚くが、驚くほどややこしい場所にはない。

田んぼの中にあるから見つけられない方が不思議なくらいのお店だ。
到着したのが12時半頃でもっとも混む時間帯。
駐車場も満車状態。
何とか隅っこに駐車し、順番を待つ。

c0056707_1781416.jpg30分ほど待って、呼ばれた。
店の感じ、そして店員さんの感じ、すごくいい。

手作りの建物。
昔ながらの木造の校舎を思わせる造り。

素朴でオーガニックなにおいがするからいい。
夜はアルコールも楽しめるようで、それも魅力的だけれど、車じゃなきゃ来ることができないから無理だなあ。

ランチメニューから注文。

すぐにサラダを持ってきてくれた。

c0056707_1782638.jpg
お料理も素材にこだわっているみたいだし味もしっかりとついていておいしい。

こちらはイベリコ豚肩ロースのグリル。

ぼくは玄米とのセットを注文した。
玄米ごはんがもちもちしていて我が家の味、食感と全然違っていた。
味についても申し分なし。

食べながら、みどりぐみのあとはみんなでここに来たいなあと思った。
問題は席だけれども、一番広い席なら大丈夫かなあ、ということで帰りに予約することにした。


c0056707_1783656.jpg子どものこういう姿がすごくよく似合うお店。

chuの目線の向こうにあるのは田んぼ。

のどかなのがまた気に入った。

きっとみんな気に入ってくれるに違いない。

7月16日、17:30 10名で予約をした。

次回、緑のTシャツを着たグループで行く日が楽しみだ。
[PR]

by omori-sh | 2006-06-29 17:08 | shop/spot

ガーデンショップでランチ

c0056707_1838340.jpg
子どもたちがいない平日の休日のランチ。

たまにはいいでしょ。

ガーデンショップに併設されているカフェでサンドイッチ。

サンルームの席からガーデンをみることができるのだ。

ここはちょっと田舎でナチュラルガーデンなので好きな雰囲気。

ランチもいい感じ。

写真におさめるところをおさめときました。
[PR]

by omori-sh | 2006-06-09 00:38 | shop/spot

たまたま今朝の新聞記事でみかけたので

c0056707_613353.jpg電車で行った仕事帰り、たまたま今朝の新聞記事に出ていたこともあり、こういう機会もあまりないので、おみやげにと立ち寄った駅ナカショップ。

以前ほどの行列はできていないけれど、シュークリームって、やっぱりおいしい。

c0056707_6142366.jpg
ぼくが帰宅するまで夕飯を待ってくれていた妻と子どもたち。

みんなで楽しく夕飯を食べて、食後にシュークリーム。

chuはあいかわらずアホなことをしてるけれども、chuのおかげで我が家は明るい。

おみやげを買って帰って喜ばれることほどうれしいものはない。
[PR]

by omori-sh | 2006-03-19 06:16 | shop/spot

タバコは地元で買いましょう

あるものを同じ値段で買うならば、地元で買いましょう、という考えには共感できる。
定価でしか買えない品物なら、どこで買っても同じだ。
それなら地元で、という呼びかけ。

「タバコは地元で買いましょう」というフレーズは妻から聞いた。
学生時代を過ごした街のタバコ屋で見かけたのがなぜか記憶に残っているらしい。

モノを買うとき、何が何でも安く買う、というのもわかる。
でも、価格を比較検討するためにかかるコストというものもある。
そしてちょっとくらいの差なら、喜ばせたい人がいる店で買いたい。

モノを買う店を、人づきあいで選ぶという意識が高まっている。
誰から買うか。誰を喜ばせたいか。
そしてそれはつまり自分が「お得意さん」になるということ。

明日、1年弱勤めた職場最後の日。
お別れの挨拶のときに、ちょっとした感謝のしるしをみんなに渡そうと思う。
百貨店にでも行こうかと思っていたところ、妻から、
「近くのあのお店で買ったらどう? タバコは地元で買いましょう、ね」
と提案してもらって、そうだなあ、それは名案だ、と思った。

地元だから、ゆくゆくは自分が歯科医院を開業したあと、お世話になるかもしれない。
というより協力してもらおうと考えているアロマのお店。
アロマ関連商品以外の雑貨も扱っている。
ラッピングも融通が利く。

行きつけのお店をつくっておくといい。
かかりつけのお医者さんがあるのがいいように。
そんな気軽に行けるかかりつけの歯医者さんになりたいものだ。
それこそが、地域医療にほかならない。

「お医者は地元でかかりましょう」ってね。
[PR]

by omori-sh | 2006-02-26 22:18 | shop/spot

イタリアンでランチのおまけつき

朝、思い立って妻と一緒に車で西方面へ。
病気で倒れた歯科医の先生のご友人はダンディなデンティスト。
困っている人を助ける取りまとめ役。いやいや、コーディネーターと呼ばないと。

私学の先生はやっぱり品がいい。
われわれ貧乏人とは違う。これは皮肉ではなくほんとうにそう思う。
お坊ちゃんだから、という言い方は貧乏人のひがみでしかないかもしれない。

お坊ちゃんは素敵だ。エレガントだ。ジェントルマンだ。
お金持ちかどうかは別で、品格があるかないかが重要だ。
貧乏でも品格があればいいかもしれない。

ぼくがふだん接している同窓会の先生たちともやっぱり違う。
これはあくまでもたぶんなんだけれど、東大より慶応のほうが品はあるんじゃないかと想像している。

自分の知らないいい意味のスローな雰囲気を感じた。
ちょっとのんびりしている感じがして、ゆとりがあって、おだやかな空気を身にまとっておられる。
最近私学の出の方にはそういうのを感じていたが、今日また感じた。

そんな人たちとの出会いが朝からあって、おかげで自分もなんだかその気になってしまって、妻と一緒に外でランチでも食べよう、ということになった。
田園風景の中、車を走らせながら思いついてイタリアンのお店を探すことにした。

そういえばここからならTyawanya-Kobeさんが器の注文を受けているというお店までそう遠くないはず、と思いあたった。
ところが、お店の名前、覚えていない。

まあ適当に走ってたら見つかるんじゃないか、と軽く考えてそのエリアに行ってみた。
そして見かけたイタリアンレストランに入ってみた。
まあ違う店でもおいしかったらいいや、ということで。

お店は三木にあるvinoというお店。
おすすめランチ1500円とパスタランチ900円を注文。
妻と二人でこういうお店でランチなんて、久しぶりだ。
そして久しぶりに、イカスミパスタなんぞを注文。
イカスミだいすき。

この値段でこの味、これはお得。
そしてお店の雰囲気もいいし店員さんの感じが実にいい。
カボチャのポタージュ、絶品。
パンもあたためてくれてて、サクサクしてて思わずおかわり。
大変に満足。

携帯でTyawanyaさんのブログをチェックして違う店だとわかったけれども、全然かまわない。
器が違っていたからわかったんだけれども、それでもお店は気に入ってしまった。
こっちにくることがあればまた是非利用したい。

帰り道、せっかくだからTyawanyaさんの器でいただけるというお店を確認しようということで視察。
すぐにわかった。いつかお邪魔しよう。

それにしても久々の妻とのランチ、イタリアン。
デートしてる気分。なかなかよかった。
こんなおまけまでついて、うれしい時間だった。
転機には、予想外なことが、つきもののようだ。
[PR]

by omori-sh | 2006-02-16 19:03 | shop/spot

一休亭

みどりぐみの活動のあと、加古川名物「カツめし」を食べに行ってきました。
これもボランティア活動の楽しみのひとつです。
c0056707_2165866.jpg
本日行ったお店は、一休亭。
この間購入した雑誌「日帰り名人(兵庫篇)」に載ってたんです。
これが訪問している施設の近くだったんですね。
ちょっとわかりにくい場所なんですが。

お店には、20年前のタイガース優勝の頃と思われる選手たちのサインが飾られてました。
バースがあったのでわかりました。掛布もありました。

ここのカツめしはすごく美味しいです。
c0056707_21121094.jpgc0056707_21122512.jpg










子どもたちも、勢いよく食べてました。
もちろんわたくしも、目を丸くして、いただいてます。

ここはとってもオススメなり。
[PR]

by omori-sh | 2005-10-16 21:14 | shop/spot

甕の紹興酒

昨夜、W歯科医院のみんなで中華料理を食べに行きました。
先月退職したkyonさんも一緒です。
お店は立花駅近くの王中

21時から、貸し切りです。小さな店なので、10人で行くと、ほぼ満席。
患者さんのsknさんがおられて、一緒に飲みました。
そして、sknさんが、紹興酒をご馳走してくださいました。

その紹興酒が、おいしかったんです。
甕の紹興酒。
ロックでいただいたんですけど、口当たりがすっきりまろやかで、鼻にツンとこないんです。
いくらでもいけそう。

ぼくにとっては今まで(といってもそんなに飲んでないけど)で最高でした。

焼酎も甕に入れておくといいと聞きますが、陶器には魔法の力があるんでしょうか。
陶芸家のセンセイ方に聞いてみたいですね。

あ、料理もすごくおいしくって、それで余計に紹興酒がすすんでしまったんです。
たいへんにローカルなお店ではありますが、お近くのかたでご存知ない方にはオススメです。
もちろん料金もリーズナブルです。

ああいう庶民的かつおいしい店が近所にあるといいですね。
いや、ない方がいいかな、しょっちゅう行くのはまずいですから。

電車の時間を気にして帰ってきて、日付が変わったというのに妻に駅まで迎えに来てもらって、そのほうがいいですね。贅沢です。

ところが妻の表情が冴えない。そして「実は…」

ぼくが外で調子に乗って飲んで食べてしてるときに…。
[PR]

by omori-sh | 2005-10-06 09:45 | shop/spot

ただいま~

東京ディズニーリゾートから、さきほど帰ってまいりました。
お疲れと思いきや、子どもたち、何だか元気です。
大人は圧倒されてます。

carlは、疲れ気味です。
寂しかったんやろなあ。
初めてのホテルだったわけで。たった1人で過ごした夜は、さぞかし心細かったことでしょう。
ごめんな、carl。

昨日がディズニーランド、今日がディズニーシーでしたが、ともに中身の濃い濃い二日間でした。
やっぱりオリエンタルランド、恐るべし。
もちろん若干のイメージとのギャップはあったけど、キャストのみなさんの接客の姿勢は学ぶところ大でした。

またあとでゆっくりレポートしま~す。

では、おやすみなさーい。
[PR]

by omori-sh | 2005-08-05 22:35 | shop/spot

やきものやさん

おデートの後、ランチは車中のおにぎり。
このあたりがせこいのだけど、時間の節約。
留守番してくれているcarlのこともあるし。
そして、次の目的地があるから。

これはほんとたまたまなんですけど、school-tさんのブログから陶芸ブログへ入って、ふらふらしていて近所の茶碗屋さんに辿り着いた。
そして、その方が今日から3日間自宅で個展をされているということなので、のぞいてみることにしたのだ。

おにぎりを食べ終わった頃に目的地付近に到着。
しかしはじめていくところなのでよくわからない。
近くと思われるコープの駐車場に車を止めて、コープの人に尋ねたら、店員さんはわからなかったけど、それを聞いていたお客さんが、たぶんIさんのことでしょ、って声をかけて下さった。
そしてわざわざコープから出て、
「その道を右に行って酒屋さんの前を左に入ってすぐ右に行ったところですよ」って教えてくれた。
なんとも親切なお方。

ぼくはやきものに明るいわけではないけれど、やっぱり、やきものはいいと思う。
料理も食べる専門だけど、料理を愉しむのに器はたいへん重要だ。
そのあたりは妻のほうが思い入れがある。
焼酎を飲むにしてもやきもので飲みたいものである。
そして素人でも土に触れ、陶芸を体験することは、とってもいいことなんじゃないかと思っている。(以前備前で手びねりやってみて、たいへん楽しかった)
子どもたちにも、体験させてやりたいとも思っているので、きっかけになったらいいなあ、とも考えて行ってみることにしたわけだ。

c0056707_17563154.jpg
さて、行ってみると、そこは住宅地だった。
同じに市に住んでおりまして、ぼくらは南西のはずれ、こちらは北西のはずれ。
同じ神戸でもはずれどうし。
普通の家なんだけれども、そこで個展。

個展の主のブログ窯場展はじまるにトラバ。

うちのやんちゃ坊主が無礼で、たいへんご迷惑をおかけしました。
この場を借りてお詫びいたします、、、
申し訳ございませんでした。。。

陶芸教室をされているようでしたが、家庭的で、みなさん気さくで親切で、やんちゃ坊主の無礼にも笑顔でこたえて下さって、まったくもって感謝です。
c0056707_1842222.jpg
作品も魅力があって、しかもリーズナブルなお値段でなので、いくらか購入させていただきました。
本日我が家にやってきたやきものたち→

ステキなんですよ。

また遊びに行きたいと思いました。
いつか自分たちも作品をこしらえたいですね。
[PR]

by omori-sh | 2005-07-10 18:06 | shop/spot