カテゴリ:music/art/movie( 111 )

4年ぶりなんだ

ふらりとタワレコに行ったらハナレグミの新譜が出てた。
ハナレグミのオリジナルアルバムについては迷うことはない。
いいタイミングで買えた。

c0056707_23594817.jpg
What are you looking forってタイトルもいい。
アルバムは4年ぶりなんだね。
そんなに出してなかったんだ。

永積タカシのやさしい声、好きだな。
どういうわけかほっとする。
いいアルバムが手に入った。

しばらくはこれだね。

[PR]

by omori-sh | 2015-08-24 00:06 | music/art/movie

テレビで映画2本

土曜午後、妻がテレビをつけた。
永瀬正敏が出てる映画をやってることを知ったから。
25年近く前の作品、息子。

山田洋次監督作品。
岩手の山間部と東京が舞台。
息子たちは都会に出て行き田舎の家で一人暮らす老父。

切実なテーマ。
原作は椎名誠で、主演は三國連太郎。
年老いた父を長男が都会のマンションに呼び寄せようとするがうまくいかない。

定職に就けず父に心配をかける次男役が永瀬正敏。

ちょうど昨日、もうすぐここに通えなくなる、と男性の患者さんから打ち明けられた。
三重県に住む息子さんの近くの施設に入ることが決まったという。
高齢になり、ご自分も不安になって、決心したらしい。

ここは田舎じゃないけれど、離れて暮らしていると、いつかはそういう日がくる。

25年前の映画と今の現実が、オーバーラップする。

次男が一目惚れした女性は聾唖だった。
faxでやりとり姿が時代を感じさせたけど、まさにぼくらの青春時代だ。
ものすごくよくわかる。

今は亡き三國さんの演技に引き込まれた。

それでその後どうなったの?というところで終わる。
映画はそこで終われるからなあ。
それがいいんだろうね。

夜はそして父になるが放送されたので見た。
前から見たいな、と思っていた映画。
産院での取り違えをあつかった家族ドラマ。

息子が6歳になって判明。
血のつながりか、共に過ごした時間か。
家庭環境のまったく違う2つの家庭間でのやりとり。

父は大手企業に勤め、都心のマンションで暮らす家族と、父が群馬で小さな電気店を営む家族。
エリートに福山雅治、電気屋さんにリリー‣フランキーが扮する。
父として子どもとどう向き合うか。

どちらがいいと一概に言えない。
バランス感覚だと、思う。
何が幸せなのかも、人それぞれだ。

自分にないものが、うらやましく感じられるのは人の性だ。

これまた考えさせられる映画だった。

そして、え、ここで終わるか~というところで終わる。
このあとどうなったん?と思ってしまう。
そのあたりがさすがだね、にくい。

貧乏だけどあったかい家庭に惹かれそうになるけれど、誰だって経済的な不安はある。
お金は必要だ。
仕事のやりがいだって重要。

子育ても子どもの年齢によって変わってゆくし、ずっと続く訳じゃない。
働き方、家族の時間の過ごし方、いろんなパターンがある。
自分なりに納得できるやり方でいこう。

家族ドラマを見て、家族というものを家族揃って考えるのって、いいね。

[PR]

by omori-sh | 2015-02-08 11:43 | music/art/movie

この前釘付けになった映像

先週、ustreamでライブ配信されてて釘付けになったよっちゃんのライブ。
永積タカシとのデュエット。


いつかエゴ・ラッピンのライブ行きたいなあ。

[PR]

by omori-sh | 2015-01-26 23:32 | music/art/movie

よっちゃん

エゴ・ラッピンのボーカル、中納良恵のソロ2作目。
発売を楽しみにしていた。
c0056707_11062273.jpg
よっちゃん、ええわ~

ハナレグミとのデュエットもあり。

当分これやな。

[PR]

by omori-sh | 2015-01-18 11:08 | music/art/movie

届いた3枚

Amazonから届いた3枚。

c0056707_22415782.jpg

日曜のライブで気に入って。
当分これで大丈夫。

[PR]

by omori-sh | 2014-11-05 22:43 | music/art/movie

番外編

ベストキッドをテレビでやってたので家族で見た。
金曜夜の幸せなひととき。

体が動くってすばらしいね。

最後のシーンの番外編みつけた。


悪役もつらいね。

[PR]

by omori-sh | 2014-09-27 00:02 | music/art/movie

懐かしさなのか

この前タワレコで見かけて衝動買いしたコンピレーション
c0056707_014394.jpg

懐かしい曲が続く。
リアルタイムで聴いてなかったのもまたいい。

世代として、受け入れられるのって、あると思う。
[PR]

by omori-sh | 2014-05-21 00:19 | music/art/movie

隣に並んでたので

昨日、娘とのデートでタワレコにも行った。
そこで何となく妻を意識しつつ、視聴してええやん、と思ったので買うことにした。
c0056707_22581941.jpg

Beck。
これまであんまり知らなかったけれど、よさそう。
そしてその隣に並んでいたのも。
c0056707_2251946.jpg

Elviin。
はじめて聞くけれど、心地いい音だ。
たまに新しいのを衝動買い。

知らなかった人との出会い。
失敗することもあるけれど、どちらも今のぼくにはええ感じ。
しばらく繰り返し流すとするか。
[PR]

by omori-sh | 2014-03-09 23:10 | music/art/movie

視聴して買いだと思ったので

c0056707_21482985.jpg

アスゲイル。
アイスランドのシンガーらしい。

こういう音も、好きだなあ。
[PR]

by omori-sh | 2014-01-31 21:51 | music/art/movie

巨大絵画に感動

ぼくは震災後の東北に、まだ行ってない。
現状を、よく知らない。

木曜午後、加川広重巨大絵画が繋ぐ東北と神戸2014に行った。
その絵は、確かに巨大だった。
c0056707_19233198.jpg

2012年の作品、南三陸の黄金。
震災後、1年半たった被災地を表現されている。
故郷再生への希望。

そして、2011年の作品、雪に包まれる被災地。
c0056707_19376100.jpg

近づいて、横から見て、スタッフの方の話を伺って、見れば見るほど奥の深さを知った。
津波の恐ろしさを感じた。
c0056707_19365394.jpg

斜めから見ると、そこにはのみこまれそうな流れがあった。
c0056707_194244100.jpg

最後に作者が手向けた花があった。
c0056707_19425920.jpg

被災地の復興を祈ります。

今年の夏に、被災地に行けたらいいねと、妻と話した。
[PR]

by omori-sh | 2014-01-09 19:34 | music/art/movie