<   2007年 03月 ( 42 )   > この月の画像一覧

区切り

3月31日、区切りの日。
子どもたちも昨日ヤマハの発表会が終わってほっとしたようだ。
ぼくらにとっては開院して2度目の月末。

目標には届かなかったけれども、数字はどれもほぼ先月の倍。
といってもまだまだで、半年後には今月の倍くらいに到達したいところ。
区切りの日の仕事を終え、それでも何となくぼくらもほっとした。

ところで昨日愛車のタイヤがパンクしていた。
なので仕事が終わってからchuと二人でタイヤ屋さんに行った。
タイヤは修理不可能で1本だけ新しくすることに。

先日の12か月点検のとき、来年の車検は受けないだろう、という話をしていた。
でも今回のパンクでこの車に区切りをつけるというわけにはいかない。
10年お世話になったポロ吉くんにはもうしばらくがんばってもらおう。

1年前の車検のときタイヤを替えて、この1年距離を乗らなかったから1本だけの交換ですんだ。
パンクして修理できなかったのに15000円ほどですんだことはラッキー。
これもポロ吉くんのおかげだ。

ポロ吉くんとの区切りの日はいつやってくるだろう。
1年ほどとわかっていてもまだなんとなくピンと来ない。

区切りの日はいつか突然、ということもある。

まあ車の区切りはまだわからないとして、明日から4月だ。
お正月よりも大きな区切り。
プロ野球も開幕したし選挙も本格的になってきた。
桜も咲き始めた。

4月からのスタート、ぼくらも気持ち新たにいこう。
[PR]

by omori-sh | 2007-03-31 19:20 | episode

特訓の成果

子どもたちが通うヤマハ音楽教室の発表会。
年に一度の晴れ舞台、kasu3回目、chu一回目。
過去2年間はまだ勤務医で、休みをもらって見に行った。

今年は開業したばかり。
でもヤマハの発表会には出させてあげたいし応援しに行きたい。
とういうことで、午後を休診にした。

午前中にkasuの指導の下、猛特訓したchu、いよいよ本番。

kasuはこの日のためにそろえたかわいい衣装を身にまとい、ドキドキの本番。

c0056707_21332060.jpg
kasuに関してはすっかり安心して見ていられる。
本人はかなり緊張していたみたいだけど。

kasuの出番はまずオープニング曲の合唱。

つづいてピアノの練習をがんばった曲。
タイトルは「眠れる森の美女」。


c0056707_21332720.jpg

上手に弾けました。

バッチリです。

かわいかったよ!

さあ、問題のchu。
午前中の特訓ではずいぶんうまくなったとkasuは言う。
しかし本当のところどうなんだ。
さてさてどうなることやら。

c0056707_21333499.jpg
実はちゃんと弾けているかはっきりと聞き取れないんだけれど、なんとかなったような気がする。

chu、よくがんばった。

隣で妻は感無量、という顔をしている。

息子に対しては母親というのは気になって気になって仕方がないらしく、その妻の姿を見ていてもおもしろかった。

c0056707_21334480.jpg

何とか無事終わりました。

がんばったから、4月からも通わせてあげることにします。
[PR]

by omori-sh | 2007-03-30 21:33 | event

特訓中

本日午後、子どもたちが通うヤマハ音楽教室の発表会。
kasuはできているけれど、chuが、、、

妻が仕事であまり見てやれていなくて、kasuにchuのことをまかせていた。

「ここまでできていないとは、、、」

ということで朝から特訓中。

がんばれこどもたち!
本日午後休診。
[PR]

by omori-sh | 2007-03-30 07:03 | children

庭の手入れ

オフタイムにやりたいことの一つにいつの頃からか庭いじりが入った。
今の家に住むようになって3年が過ぎ、ぼくの庭いじり歴も3年。
まったくの我流ではあるけれども、庭で過ごす時間は楽しい。

庭をつくるだけつくって日々の掃除や水やりは妻任せ、という状態だったけれど、これからは妻と一緒に働いているわけで、「ぼくは仕事してきているから」という言い訳は成り立たない。
それは家事全般に言えることで、洗濯物をたたむ程度だけれどもぼくもするようになった。
子どもたちのこともぼくにできることはやろうと思っている。

おかげで日々の生活が毎日盛りだくさんというか、広く浅くいろいろなことをするというスタイルになった。
シンプルにできるところはシンプルにして、優先順位をはっきりさせる。
無駄なことはできるだけ省く。

庭を手入れすることや花の苗を買ってきて植えることはしなくてもいいようなことかもしれないけれども、必要なことだと思う。
ぼくと妻にとっての優先順位は高い。
妻に影響を受けてぼくもそうなった、と言った方がいいかもしれない。

春になってきて、庭がにぎやかになりはじめて、楽しみだ。

芽が出てふくらんで、花が咲く。

先日近所のおじさんから「槙はいりませんか」と声をかけていただいていたので、お言葉に甘えることにした。
犬を連れて毎日ぼくらの家の前を通る方で、今日通りがかったときに「このあいだの槙、いただけますか」とお願いした。
するとおじさん、さっそく持ってきて植えてくれた。

植木鉢でひょろりと伸びた槙の木。
挿し木だそうだ。
うまく成長してくれますように。

芝生にも肥料を撒いてみた。
芝生は手を入れないときれいにならない。
水をたっぷりやらないといけないし、芝刈りも必要だ。

そういう庭の手入れを、これからはぼくもちゃんとやらないと。
そういう庭いじりを楽しみにできるようになったことがうれしいという面もある。

庭いじりって、雑草を抜くだけでなんだかきれいになったなあと実感できるし、花の苗を買ってきて植えるだけで華やかになってうれしい。
家にいながら、コストをかけずに楽しめる園芸。
そして土を触ることで何となく気持ちが落ち着くから不思議だ。

明日のピアノの発表会を前に、chuがまだまだだと判明したけれど、それはそれ、きっと何とかなるだろう、などと土いじりをしながら考えた。
庭がきれいになると、うれしいものだ。

最近では毎朝鳥たちが来てくれるようになっている。
お客さんが来てくれたときの庭はにぎやかでうれしい。

庭いじりは、適度な肉体労働なのでカラダにもいい。
つまり心にも体にもいいわけだ。

なのでオフの時間の庭の手入れはもっと優先順位をあげなてやっていきたい。

庭は楽しい。
[PR]

by omori-sh | 2007-03-29 21:59 | garden

はい、わかりました

「公定歩合が上がりまして、短プラ連動ですので、金利があがります」

「はい、わかりました」



そんなん、どないしょうもないやん。

ま、上がるのは金利だけと違うはずやから。

がんばろ。
[PR]

by omori-sh | 2007-03-29 19:01 | create d.c.

命日

3月28日、父と祖父の命日。
父は6年前、祖父は21年前。
どうしてうまいこと同じ日に死んだんだろう。

生きていたら、父64歳、祖父90歳。
生きていたら、二人とも何を言っているだろう。

どんな声で話していたかなあ。
どんな顔で話していたかなあ。

ニコニコ笑っているのが目に浮かぶ。

今もちゃんと見守ってくれてるんやろな。

ありがとさん。
[PR]

by omori-sh | 2007-03-28 23:00 | episode

宣伝してくれる人がいる

ぼくら歯医者が繁盛するかどうかって、いろいろな要素があるけれども、その中で宣伝についていえば、おそらく場所よりも口コミ。
少なくとも長い目で見たときには口コミにまさるものはないだろう。

宣伝してくれる人の力だ。

宣伝くれる人の存在は、実にありがたい。
「宣伝して下さい」とお願いしたわけじゃないのに、宣伝してくれるんだから、もう神様のような存在だ。

ブログを通じてお知り合いになれたこの方が宣伝してくれててびっくりうれしかった。
実はつい先日もこの方のブログを介してぼくの歯科医院のHPを見て下さった方からメールが届いた。
同業の方からのメールで、これまたすごくうれしかった。

お仕事で、ご一緒できることがあればお手伝いしたいのですが、少し距離がありますね。
僭越ながら、応援しております。
お互い「口福」のために頑張りましょう。


歯科技工士をされている方で、ぼくは技工士さんから信頼してもらえる歯科医になりたいと思っているので、こういうお言葉はものすごく励みになる。

そして昨夜またHP経由でメールをいただいた。
2年前の夏、旅行中に偶然立ち寄って以来、気に入ってお取り寄せをしているお店の方から。

今、ホームページを見せていただき、えらく感激したので、メールさせていただきました(^。^)
日ごろは、うちのお醤油をご愛顧くださり、誠にありがとうございます

~中略~
とにかく、この一本の醤油のご縁に、感謝です!(^^)!

ここのだし醤油、ほんとにおすすめで、お世話になった方へのお礼にいつも使わせていただいている。
口コミして下さった方にはぜひプレゼントしたい。

それにしても口コミといってもインターネットのおかげで範囲が広がることを実感。
回り回って近くの人の耳に届くってこともあるし、おもしろいものだなあと思う。

それにしても遠いところからでもみんなに励まされ、支えてもらえていること、心より感謝します。

みなさんありがとうございます!
[PR]

by omori-sh | 2007-03-28 13:47 | episode

サバはおいしい

本日の晩ごはんのおかずはサバのミリン漬けを焼いたものだったけれど、おいしかった。
サバというのは安くておいしい。
コストパフォーマンスでいえば右に出るものはいないと思う。

自宅近くで開業して、家族と接する時間が倍増した。
開業時にぼくたちの重要なテーマだったのが、
「毎日家族そろって晩ごはんを楽しむ」
で、それを実践できている。

今夜の晩ごはんもおうちご飯。
家族で囲む食卓に子どもたちの楽しそうな笑顔があった。

「お父さん、次のブログにサバのこと書いてな」

chuがそんなリクエストをしてくれた。

なのでこうしてサバがおいしかったことを書いてみた。

ただでさえ高くないサバを半額セールで買ってきたという妻。
それがこんなにおいしいのだから幸せだし、子どもたちと一緒にそれを楽しめていることでさらに幸せは倍なのだ。

おいしかったのでついつい今夜も食べ過ぎてしまった。

ここのところ体重増加中。
[PR]

by omori-sh | 2007-03-27 22:27 | drink/food

carlさんの大好物

今朝の散歩は6時前に家を出たんだけれどももう外はすっかり明るくて、気温も上がって春だなあと思った。
歯科医院を開院してcarlには留守番をお願いしている時間が長く、散歩の時間も少々減ってしまい申し訳ないと思っている。

carlさんにはストレスが溜まっているんじゃないかなあ、と心配している。

だからできるだけcarlにおおらかに、と思っていて、今朝、carlが道ばたに残されていた大好物をこっそり食べたのも見逃してあげることにした。

carlは怒られると思って大好物をくわえたままおとなしく歩く。
いけないことをしているんだという自覚がある。
それでもcarlにとってその大好物はたいそう魅力的なのだろう、いくら怒られてもなかなかあきらめきれない。

今朝はおおらかに見て見ぬふりをした。

おかげでcarlはいつもよりもグイグイ引っ張ることなく、一見かしこい犬のように散歩ができた。
なのでふくらんできて、今にも咲きそうな桜のつぼみを見つけることができた。

お彼岸を過ぎてにわかに春めいてきたからだろうか、このあたりでも3月中に桜が咲くかもしれない。
いい季節だ。

carlも大好物ゲットに成功、堪能したようだ。

どうもその大好物はまだ水分を十分に含んでおり、ニオイもきつく、さぞかしおいしかったと思われる。
ネコさんありがとう。
[PR]

by omori-sh | 2007-03-27 07:00 | dog

自分のケツは自分で拭くのだ

数日前、学生時代からお世話になっているMセンセイからメールが届いた。

「開業どうですか?厳しい時代だけど、自分のケツは自分で拭ける立場になったことが、何よりです」

Mセンセイとは卒業以来細々とおつき合いが続いていて、たまにやりとりする機会がある。
ピタッとつながりが切れる場合が多いけれど、Mセンセイとはなぜが縁がある。
そんなMセンセイにきちんと開業したことをお知らせしていなかったので「開業の知らせくらいよこせ」というコメントとともに励ましの言葉をいただいた。

「時は過ぎ、時代が変わったといわれても、やっぱり、自分はこういたい!!という開業医になりたいとおもいながら、少々川のながれが激しすぎますよね。
自分を信じて、ゆっくりいきましょう!!」


Mセンセイは大学教官をされていて、10年ほど前に開業された。
この10年でもぼくらの業界はずいぶん変化した。
もちろんぼくらの業界だけではなく、世の中が激動の時代を迎えているかもしれない。

いただいたメールに返事を送った。

「川の流れが激しい中で開業医になると流されそうになりますね。
毎日揺れている自分がいます。
うまく流れに乗りながらバランスをとりたいなあと思います」

Mセンセイは確かぼちぼち50歳。
一時体調を崩されたかもしれないと心配な時期があった。
だからくれぐれも健康には気をつけて、というコメントを添えた。

「人間志高くはじめたことも、10年も経つと色んな所で、さまざまなほころびが出るようです。
うちも、この飛び石連休を4日間休んで、明日から、新学期、いわゆるRESETです。
初心を忘れず、そして、川の流れも観ながらの舵取りをするつもりです」


それぞれの時点でそれぞれに悩みながら、苦しみながら歩いているんだなあ。
開業して右肩上がりに進んでおられたことも知っているからこそ、Mセンセイからのこういう言葉は開業したばかりのぼくに響く。

いま、自分で自分のケツを拭けることを喜びと感じていて、その重みを楽しんでいる。
でもその重みが楽しい、ではすまなくなるに違いない。

心に残るアドバイスをいただけてよかったなあと思う。

ゆっくりと、自分のケツの拭き方を身につけていこう。

自分のケツは自分で拭くのだ。

拭き残しや拭き忘れのないように。
[PR]

by omori-sh | 2007-03-26 19:33 | create d.c.