<   2007年 07月 ( 45 )   > この月の画像一覧

一息ついて

週があけてぼくらの歯科医院はのんびりとした雰囲気に。
一息ついて、ということかな。
この2ヶ月、まだまだとはいえそれなりに忙しく過ごせた。

夏休みだし、ちょっとおだやかなペースに。
ペースダウンしている場合じゃないかもしれないけれど、ガツガツするのはやめとこう。
落ち着いて歩くのが信条。

夏休みということで、お昼ごはんは子どもたちもやって来ていっしょに診療所で妻が作ってくれたお弁当。
昨夜は土用の丑の日ということでウナギを食べた。
夕食を家族で楽しく、というだけでなく、昼食まで一緒。

明日から8月。
ずっとこのままのペースではよろしくないので、また徐々にペースアップを目指したい。

ぼちぼちいこ。
[PR]

by omori-sh | 2007-07-31 14:20 | episode

58%

投票率が58%を超えると与党に不利になるとか。
組織力というのはそういうことなんだよな。

58%をちょっと超えたくらいで「投票率が高かった、おかげで負けた」というのもあまり格好のよいものではないと思う。
国民の関心が高まれば選挙に勝てない、ということだもんなあ。

今回の選挙の結果で何がどう変わるか。
勝ち負けはいいとして、興味深いのは「これから」である。

ちょっとはよい方向に向いてくれたらいいけど。

きっと政治も難しい時代なんだろう。
不祥事はマスコミの餌食になる。
不用意な発言をしてしまうと「炎上」だ。

こういう時代に生きているから、その中でなんとかやっていかないとしかたない。

国を動かす人たちにはぜひともがんばっていただきたい。
投票しなかった40%の人たちも国民だ。
[PR]

by omori-sh | 2007-07-30 14:25 | episode

ソロ・コンサートのご褒美

本日、kasuが習っているヤマハのジュニア・ソロ・コンサート。
ちょっとした発表会。
kasuがピアノで演奏した曲はメヌエット。
c0056707_23295488.jpg

本番に強いというか、マイペースというか、すぐさま自分の世界に入り込むkasu。
なかなか上手に弾けました。
家での練習ではずいぶん苦労して、直前もミスしまくっていたのに、本番では不思議なほど安心して見ていられたのでした。

発表会が終わるとそそくさと会場を後にし、車で移動。
曇り空とはいえ暑い中、とある公園へ。
今シーズン3度目の草サッカーの試合見物。

知り合いの所属するチームは残念ながら敗北。
この暑い中の試合、社会人にはさぞきつかったろう。
明日の仕事に差し支えなければいいけれど。

「試合終わったら遊具で遊んでいい?」
子どもたちは遊具で遊ぶのが楽しみ。
今日はよくがんばったkasu、希望を叶えてあげよう。
c0056707_2330827.jpg

「お父さんとお母さんも一緒に遊ぼー」
子どもたち、どうしても一緒に遊びたいらしい。
今日はまだ体力があるのでつきあおう。
c0056707_23315840.jpg

20分くらい遊べばひとまず満足。
だらだらいると疲れてしまうのであっさりと次へ。

昨夜インターネットで調べていたセブンイレブンのスタンプラリー情報から最後の店舗を目指す。
子どもたちが最後に押したいポケモンキャラ(ダークライ)のスタンプがあるセブンイレブンに向かう。
これで8つめのポケモンのスタンプが揃う。
つまり、ここ数日で8軒のセブンイレブン巡りをしたわけだ。
実は一カ所行ってみたもののすでに押した種類のスタンプを置いた店だったので9店舗目。

スタンプを押すためだけに各店舗を訪れたので買い物はまったくしなかった。
けれどもどこにセブンイレブンがあるのかということはあらためて記憶に残った。
セブンイレブン側の思うつぼである。

まあそんなことよりもスタンプラリーのおかげで子どもたちがすごく楽しそうで、スタンプがうまく揃って景品のシールを手に入れることができて大喜びしてくれたことが何より。
夏休みの楽しい思い出の一つになったことは間違いない。
それがkasuの発表会当日に達成できたことも「ご褒美」のひとつとなってなおさらよし。

さらに本日の夕飯はかねてからのkasuの希望で宅配ピザ
今のわが家にとってはささやかな贅沢でもある。
届いたのはこれ↓
c0056707_23451078.jpg

kasuが発表会を通じてよくがんばったご褒美ということで。

4人でこれだけではちょっと足りないのであとは昨日の収穫のトマト。
c0056707_23471780.jpg

冷蔵庫でよく冷えた自家製トマト、あーおいしい。

雷とともに夕立が降ってくれたのに涼しくならず、ついに家でもクーラーをつけてしまった夜。
発表会が無事終わった。
毎日ちゃんと進んでいることをうれしく思いつつ早々とおやすみ。
[PR]

by omori-sh | 2007-07-29 23:50 | episode

くらげ

7月29日、日曜日。
今朝もいつものように日曜恒例の海。
ボールをレトリーブするcarl。

穴の開いたボールが途中から行方不明。
ひょっとしたらcarlが飲み込んでしまったおそれがあるということが急に心配になる妻。
さあどうしよう。

穴の開いたボールは沈んでしまうので飲み込んでなかったら海の底にあるはず。
ということで不安な妻を安心させるべく、海に潜ってボールを探すことに。
ついでに子どもたちも連れてきた。

シュノーケル、いつ以来かな。
学生の頃はこのあたりの海でよく潜ったなあ。
c0056707_10352118.jpg

本日の天候は曇り。
ちょっと水が冷たい。

なかなかみつからなかったけれど、底に沈んでいたボールを発見。
安堵の妻。
よかったよかった。

それにしてもくらげの多いこと。
まだ7月だというのに。
c0056707_10353995.jpg

しかしくらげってよくみるととってもきれい。

子どもたちは久しぶりの海で楽しそう。
c0056707_10355087.jpg

carlも予想外のkasu・chuの登場に驚いていたようだけど、一緒に遊べてうれしい。
いつもより長く海で遊べてラッキー。
c0056707_1036675.jpg

子どもたちにとっても夏休みならではだし、またひとついい思い出になったに違いない。
c0056707_10361566.jpg

予定外の朝の海、その気になれば短時間でも楽しめるものである。

海に入ってあまりのくらげの多さにひるんだけれど、透明なくらげの美しさを再確認できてよかった。
波打ち際にくらげがいくつも打ち上げられていて少々気の毒にも思えたくらい。
このくらげの大量発生も環境の変化の結果なのだろうか。

来週は海でどんな経験ができるかな。
[PR]

by omori-sh | 2007-07-29 10:36 | episode

ベーカリーsoraと散髪と期日前投票とスタンプラリーとアウトドア

半ドンの土曜、仕事が終わってまず近所のパン屋さんへ。
奥さまは患者さんとして来て下さったMさん。
ご主人はずーっと働くパン職人。
ベーカリーsoraはぼくらの診療所から南に歩いて100m。

ここのパンはぼくらのお気に入りで、少し前からはじまったサンドイッチもおいしくて、ついたくさん買ってしまう。
「うちでこんなにまとめて買ってくれる人はほとんどいません」

今日食べたアンチョビとポテトのサンドはとってもおいしくてまた食べたい。

家族4人でsoraさんのパンを診療所で食べ、ごそごそと雑用をすませてから帰宅。

それから有意義な土曜の午後を過ごす。

まずぼくとchuは散髪。
近所の散髪屋さん、二人で散髪しても3000円でおつりがくる。
洗髪はなしだけど。
chuも一人で散髪してもらえるようになった。

男の子グループ、すっきりさっぱり。

明日のピアノの発表会に向けてkasuはメヌエットの練習。
まだノーミスというのはまれ。
大丈夫か?

妻は部屋の掃除をしたり庭に散水したりしながらkasuのピアノを聞いている。

carlの夕方の散歩を妻と二人でぷらぷら歩いて、いろいろ話す。
わずか30分でもこういうコミュニケーションの時間がたいへん重要だ。

歩きながらスケジュールを練る。

そして帰宅後すぐに家族で出発。
明日の動きを少しでも楽にするために期日前投票を済ませておくことに。
区役所で投票。
これで選挙権は行使した。
あとはどんな結果になるか眺めることになる。
さあどうなるかな。

選挙とは別に2,3日前から子どもたちと楽しんでいることがある。
それはこちら
この夏休み、すっかり子どもたちはポケモンに夢中。

スタンプラリーはセブンイレブンの企画だけれど、さすがセブンイレブン。
子ども心もがっちりつかんでいる。
セブンイレブンの店舗をまわり、ポケモンのスタンプを集めるというキャンペーン。

「これってお金いらないからいいよね~」

子どもたちもよく心得てくれている。
お金をかけずにいかに楽しむか。

セブンイレブン巡りのあと、閉店間際のアウトレットへ。
ここではキャンプにむけてのお買い物。
マリンピアにあるアウトドアのショップはモンベル
こういうところに来るとアウトドア熱が再燃する。

お盆休みにはキャンプにいくのだ。
すでにワクワク。
carlと一緒に行くキャンプ、はたしてどうなることやら。

とまあ、半日ながら、いろいろとできた土曜だった。
[PR]

by omori-sh | 2007-07-28 22:04 | episode

預かり保育は遠足気分

7月27日、子どもたちを預かり保育に出した。
といっても公的なところではなく、お友だちのお家。
送迎つきでもう至れり尽くせり。

夏休み特別企画である。

子どもたちが行った先は家族ぐるみでなかよしのIさんのお家。
朝、kiyoちゃんが診療所まで迎えに来てくれた。

この日を楽しみにしていた子どもたち、朝からテンション↑↑↑
遠足に行くみたい。

朝から夕方までずーっと遊びまくりだったらしい。

その間ぼくと妻は安心しきって働くことができた。
おかげで職場もいい感じ。
精神状態がよければいろいろうまくいくものだ。

kasuはhanaちゃんととことんおそろいの服装で、かつ帰ってきたときにはkiyoちゃんが即席でつくってくれたというかわいい服を着ていた。
即座におそろいの洋服が完成するなんて、さすがkiyoちゃん

何から何までお世話になって、子どもたちは大喜びで、感謝カンゲキ。
ありがとう、kiyoちゃん

お世話になったことだし、そのお礼も兼ねてわが家でのお泊まり企画を立案。
近々子どもたちはまたまた初体験の、一晩一緒に過ごすことができる予定。
夏休みならでは。

夏休み、楽しい思い出がてんこ盛り。
[PR]

by omori-sh | 2007-07-27 22:20 | episode

夏休みは体育館もにぎやかで

いろいろとやりたいことがあって体育館に到着したのもやや遅め。
雰囲気がいつもと違う。
参加者が多くすごくにぎやかな体育館。

3年前に体重を落としてから夏の暑さには強くなった。
汗をかいたら体も動く。
そうはいっても37歳のおじさんだから、プレーはそれなりだけど。

今夜はお世話になっている技工士のttiさんがお子さん3人を引き連れての参加だったので、うちの子どもたちも遊び相手がいて絶好調。
走り回って体育館なのにプールに入ったみたいに汗だくの子どもたち。

これも夏休み限定かもしれないけれど、よいだろう。

終わった後は必ず行ってよかったと思うバレー。
そして必ず次回はもうちょっといいプレーをしたいとも思う。
子どもたちも楽しんで、妻も運動して汗を流して、家族そろって楽しめるバレー。

今日も年齢が半分くらいの若者たちとも同じコートでバレーをした。
初心者もいてプレーも若々しかったけれど、皆とても好感が持てる連中だ。
見た目は今どきのお兄ちゃんお姉ちゃんなんだけど、今どきの若者、礼儀正しいしなんだかかわいい。

にぎやかな体育館、夏休み期間中の楽しみのひとつになった。
[PR]

by omori-sh | 2007-07-26 21:29 | sports

夏本番

今日7月26日、夏本番がやってきたと感じた。
朝、6時前から蝉がやかましく鳴き出した。
その時間の散歩でじっとりと汗をかいた。

ラジオ体操をしっかりやった。
第1だけじゃなく、第2までまじめにやるとずいぶん体がほぐれる。
そしてシャワーを浴びたくなった。

夏の日差し、外に出るだけで「あついなあー」という言葉が漏れる。
夏休みじゃないと来院できないような患者さんが来てくれる。
夏休みの子どもたちは毎日楽しそう。

子どもたちが休みどうなることかと心配していたけれど、いまのところ取り越し苦労だったことがわかった。
夏休み、ぼくらにとっても特別なうれしい期間になりそうだ。
妻にとっては子どもたちを学校や幼稚園に送り出さなくていいし幼稚園のお迎えはないし帰宅時刻を気にしなくていいい。

子どもたちは上機嫌でぼくらも「子どもたち夏休みやからいいか」となることもしばしば。
ちょっと忙しくなってきているときだけに夏休みのおかげで助かっているといってもいいくらい。

今日の遅いお昼ごはんはみんなでお好み焼きを食べに行った。
夏休みだから。
kasuが念願の「一人でオムそば全部食べる」をしたかったから。
今日行ったお店は近くにある「やま」というお店。
いつもの「有楽」よりメニューが豊富。
久しぶりにそばめしもいただいて、がっつり昼ご飯。
おいしかった。

夏休み、プールに行くというのが現在の課題かな。
kasuの読書感想文はめどがついた。
子どもの課題を親が気にするのはあと何年だろう。

夏休みならでは、という時間が流れている。
夏本番、1ヶ月続く。
[PR]

by omori-sh | 2007-07-26 16:44 | episode

子どもが多い日

7月25日はぼくの歯科医院には子どもが多い日になっている。
夏休みなので、普段は学校や幼稚園に通っていて通院しにくい子どもたちも通いやすいからかな。
反面、子どもたちが家にいるから夏休み中は通院しにくくなるお母さんもある。

開業するまでは子どもの歯の治療をする機会が少なかったし、あんまり得意な方ではなかったんだけれど、今、子ども相手の歯科治療を楽しめている。
結構楽しいなあ、なんて思いながらやっている自分がいて、うれしい。

子どものことが好きだなあと思えるから子どもたちも警戒心をゆるめてくれるような気がする。
「うちの子もねえ」なんて言いながらお母さんと話しているとお母さんたちもほっとしてくれるようだ。
実際にうちの子らが診療所にいることもあるし、子どもたちが通う小学校や幼稚園で顔を合わせることもあるので、歯医者の壁が低くなっているのかもしれない。

自分がそういうふうになるとはあんまり思っていなかったから意外だし、環境によってちゃんと人は変わっていくということだと思う。

子どもが多い日、気持ちも明るい。

ついでに昼休みにグラグラしていたchuの乳歯を指で抜いた。
麻酔せずにやって痛かったみたいだけれど、chuはよくがんばった。
chuも歯医者に慣れてきたからだ。

人間の適応能力は予想以上だ。
自分にもまだまだ変われる力があると思っておいたほうがよさそうだ。
[PR]

by omori-sh | 2007-07-25 13:26 | episode

梅雨が明けた

近畿地方の梅雨が明けた。
台風の影響もあってか当初予想された遅い梅雨入り早い梅雨明け降水量少ないということにはならず、よかったと思う。
十分雨が降ってくれたおかげで庭の緑が元気だ。

猛暑が一転冷夏の可能性あり、日照時間が少ない、という話になっているけれど、どうりでここのところ毎朝涼しくてさわやか。
今朝も蝉が鳴き出す前の静かな朝は清々しかった。
珍しく早起きしたchuと庭でごそごそ。

ちょっとした朝の時間がうれしい。
朝の空気は特別だ。

ラジオ体操してみんな目が覚めた。

7月25日、水曜日のはじまり。
[PR]

by omori-sh | 2007-07-25 07:03 | episode