<   2007年 08月 ( 42 )   > この月の画像一覧

8月が終わる

夏の終わりは少し淋しい。
子どもの頃感じた「夏休みが終わる」という感覚が身にしみついているからか。
小学3年のkasuは長い夏休みがあまりうれしくないらしく、早く学校始まらないかなあ、と思っている。
ということはkasuは大人になっても夏の終わりを淋しいと感じないのか。

いや、そんなことはないんじゃないか。
夏が終わるのと夏休みが終わるのは違うと思う。
今年の夏は後半になって残暑が厳しく、肌で感じる気温ではまだ夏が終わるというところまでは来ていない。

でも、8月は今日で終わり。
夏の終わりはもうすぐだ。

思えば今年もいい夏だった。
開業してはじめて迎えた夏だったから、はじめてのことがいっぱい。
ぼくにとっては楽しいことばかりだった。

開業した歯科医院の業績は右肩上がりとはいかなかったけれど、最後の一週間でなんとか帳尻合わせができたかなというところ。
ひどい落ち込みにならず、また9月へ向けちょっと期待がもてる流れになったと思う。
上向いたり下向いたり課題はつきないけれど、貴重な経験をさせてもらっている。

8月の業績をしっかり受け止め、明日からの9月に生かそう。

自営業をはじめると、こうやって毎月いろいろ考えるようになることをあらためて実感。
給料をもらって働いていたときとは全然違うな。
やりがいがあっておもしろいじゃないか。

毎月月末に振り返り、新しく始まる月に期待する。
これは一日単位でも同じ。
今日一日を振り返り、明日に期待する日々。

8月31日もとてもいい一日だった。
9月1日もいい日になりそうだ。

今日が終わるのはあんまり淋しいとは思わないのに、夏が終わるのはちょっと淋しい。
淋しい理由は、よくわからない。

夏が終わったら、ちゃんと楽しみな秋がやってくる。
開業して、そういう移り変わりに敏感になったことは確かだな。

夏が終わる少し前に、8月が終わる。
[PR]

by omori-sh | 2007-08-31 17:54 | episode

よくがんばった

夏休みの自由研究という課題。
研究といっても「観察」なんだけど、それをひとつのレポートとしてまとめるって子どもにとってはなかなか難しい。
「自由」ということでやらなくてもいいんだけれど、今の小学校の必修課題の少ないこと。

読書感想文以外は数日でできてしまう。
ほんとうにこれでよいのか、とぼくでさえ思う。
なので自由研究をがんばることを決めた。

これはぼくだけじゃなくどちらかというと妻の判断。
親子で一緒にやろう、ということで。

自由に、好きなように、ではとてもじゃないけど進まない。
読書感想文だってそう。
読書感想文は7月中にぼくが赤ペン先生となって仕上げた。

自由課題はモーツアルトの伝記を読んでそれをまとめるのと、「ホウセンカの観察」を。
モーツアルトは先日尻をたたいて終わらせた。
そして最後に残っていたホウセンカの観察。

妻が担当なので仕事のないときに一緒にがんばろう、ということになって半ドンの木曜の午後、二人はがんばった。
できあがるまでバレーに行かない、と決めて取り組むがなかなか進まない。
楽しみにしているバレー一般開放(子どもたちは子ども同士遊ぶ)の時間になるもまだまだ。

ということでぼくとchuだけでバレーに。
二人っきりで集中してやれる環境に。
涙流しながらがんばるkasu。

もう一息だ、がんばれ!

そしてお腹ペコペコになりながらようやく21時ごろ完成。
ぼくらがバレーから帰ってシャワーを浴びたあとのこと。
できたよ!!」とうれし泣きのkasu。

よかったよかった、いい経験になった。
これでまたひとまわり大きくなったかも。
つらい思いをすればこそ、喜びも大きいね。
[PR]

by omori-sh | 2007-08-31 06:53 | children

砂漠化

庭の手入れが十分にできないところに連日の猛暑。
今週に入って恵みの雨を期待するも潤うほどの雨は降らず。
砂漠化するわが家の庭。

水やりが不十分であることはわかっていながら追いつかない。
乾燥に強い植物たちだけが生き残る。
うーむ、どうしたものか。

3年前の台風のあとを思い出す。
あのときは塩害がひどかった。
いまのところそこまではひどくはないけど、これからが心配だ。

環境に適応できるものとそうでないもの。
淘汰されていく。

ぼくが管理するビオトープもどきのメダカも減った。
でも全滅ではないのが救い。
水が悪くなったり少なくなったりしてしまうので、まめに見ないといけないのにできていなかった。

水の補給だけではダメだった。
申し訳ない。
生い茂る植物の陰に隠れてしまって油断していたよ。

世話を怠るとこうなるということ、わかっているんだけどなあ。

カラカラの庭にたっぷり水やりをしよう。
[PR]

by omori-sh | 2007-08-30 17:17 | garden

夏バテさん

夏バテというのはちょっと過ごしやすくなってから出てくるのかもしれない。
ピーク時は夏バテしてる場合じゃないから。
一番暑い時期にがんばったから、そのあとにほっとして出てくるような気がする。

ぼく自身は夏バテしているという自覚はないけど、ぼくのまわりに夏バテの人が多い。
体の抵抗力(免疫力)が低下しているようだ。
今週に入って少し暑さがゆるんで、元気になるかと思いきや、症状が出てしまう人がいる。

昨夜はせっかくの皆既月食というのに空には厚い雲。
今日も朝から曇り空で、午後になって雨がパラパラ。
過ごしやすくなったから通いやすくなったというのもあるかもしれないけれど、ぼくの歯科医院にも夏バテさんがお見えになった。

もちろん夏バテが原因かどうかは定かではないけれど、親知らずのまわりの歯ぐきが腫れたという方なんかは免疫力が低下したから起こったと考えてもいいだろう。
顔まで腫れて気の毒だった。
「抜くのは腫れがひいてからにしましょう」と飲み薬だけお出しした。

一足先に夏バテに悩まされていた妻は回復傾向。
冷房の効いた場所にずっといたからとか、何かしら原因を特定したくなるものだが、ぼくはそういうものではないと思っている。
確かに暑かったけれど、原因はそれだけではなく、精神的なストレスが大きかったんじゃないかな。

日本では暑いというのが人体に及ぼすストレスが大きいことは、住宅を「夏をむねとして建てる」という発想からも夏休みの長さからもよくわかる。
日本の夏の暑さは冬の寒さよりも体にこたえる。(北海道のぞく)

この暑さに加え、プラスαのストレスが加わった子育て中のお母さん方が次々と夏バテされている模様。

しばらくの辛抱です、必ず回復するから、無理せず元気が出てくるのを待ってくださいな。
[PR]

by omori-sh | 2007-08-29 14:39 | episode

重厚布陣

改造内閣が発足した。
重厚布陣らしい。
人事というのは実に難しいだろう。

若きリーダーには期待が大きいけれど、脇を固める人たちのサポートが不可欠で、前回はそこでだいぶんつまずいてしまった安倍首相。
今回はどうなるか。

それにしても批判されるというのはしんどいことだろうなあ。
批判専門、という人は多い。

花があれば実がないと批判され、実があれば花がないと批判され、花も実もあれば、なぜ1年前の組閣でそうしなかったかと批判される。選挙で大敗した続投政権には、どういう陣立てでも批判がつきまとう。
8月28日 読売新聞 編集手帳より

批判をすることやあら探しをすることに生き甲斐を見つけているような人がいるからこそ、改善されるべきことが明らかになり、よりよくなるという側面があることは事実だと思う。
でも、与党と野党の関係が「反対意見を言いあうこと」というのはいただけないし、そればっかりだとうまくいくはずがない。

いくらか寛容になってもよさそうな気がする。

「行き過ぎた市場原理主義を正し、「格差」を是正する。
地方への配慮も忘れない。
希望のもてる少子化対策、安心できる社会保障制度を確立する。
目指すべき政策に変わりはない。


同じ読売新聞一面で橋本五郎さんが述べておられる安倍政権に求められる政治運営。
理想とする美しい国に向かってうまく舵を取っていただけることを期待しよう。

重厚布陣が一致団結して引っ張ってもらえたら。


世界陸上の日本の布陣は苦戦しているようだ。
重圧ははかりしれないものがあるし、世界の壁が厚いのは明らかだ。
いい成績を残せなかった選手は気の毒だけれど、またがんばってほしい。

がんばったからそれでいいじゃない、ベストを尽くしたんだからそれでいいじゃない、ですませられるレベルの人たちとは思えないけど、国民に注目されるということは本人だけの問題を超えてしまうんだろう。
「期待にこたえる」というのはたいへんだ。


今朝の診療所前の黒板では小学生から
「きょうのはおもろないなあ~」
というコメントをいただいた。
彼らの期待にこたえることができなかったわけだ。

黒板では期待にこたえられなかったけれど、「だれかの期待にこたえる努力」はし続けたいと思う。
重厚布陣でなくても、自分たちにできる範囲のことでも何かこたえられることはあるはずだ。
[PR]

by omori-sh | 2007-08-28 16:53 | episode

ラスト1週間

夏休み最終週。
chuが通う幼稚園は「夏期保育」とかですでに今週からはじまった。
chuのことうらやましいkasu。

kasuは小学校に行きたいらしい。
「はやく夏休み終わったらいいのに」というkasu。
よほど学校が好きらしい。

その前にちゃんと課題やれよ。

chuが幼稚園に行っている間、kasuは診療所で過ごす。
小学校3年生の女の子なので、仕事の邪魔になることもなく、静かにいてくれる。
場合によってはちょっとお手伝いをしてくれることも。

小さな助手さんだ。

これもあと数日で、新学期がはじまったらまた変わるだろう。
少しずつ日常へ移行していくわけだ。
夏休み前に「夏休みどうなるかなあ」と心配していた妻、今度は「新学期どうなるかなあ」と不安になっている。

ぼくはどないでもなる、と勝手に高をくくっている。
無責任な父親なのかもしれない。
いつだって心配するのは母の役目だ。

8月中盤から猛暑となって、晴れが続いた。
ここにきってようやく天気予報に雨マークが登場。
ちょっとは涼しくなってくれるかな。

今週になって診療所もちょとだけ様子が変わってきた。
ラスト一週間、みんなの行動が少しずつ新学期モードになるからかな。
あと4日で8月が終わる。
[PR]

by omori-sh | 2007-08-28 13:48 | episode

これも前向き

中3の頃の友だちと会って「クラス会やろか」盛り上がったので、ほったらかしにしていたミクシィを見てみた。
ミクシィならそういう情報に強くて何か見つかるかも、と思ったから。
実際に中学のコミュがそこに存在し、同学年の人の書き込みがあった。

そこに小・中時代の友だちのNくんを見つけた。
うわー懐かしい。

ミクシィは見にいくと足あとが残るという双方向性があって、それも好みの分かれるところだろう。
でも、そのおかげで「懐かしいなあー」と思い出しているうちに足あとをたどってぼくのところを見に来てくれメッセージをくれた。

Nくんもこの偶然に驚き、喜んでくれているようだ。

先日会ったushiくんやsugikenくんも知っている人だ。

ちょうどぼくらが通っていた小学校で学校キャンプがあったので、校庭の写真を載せてみた。
これを見るときっと懐かしいだろう。

ほかにもブラバン部だったという女性からもメッセージが届いた。
これまたたまたまあの日ushiくんとsugikenくんと集まった時話題に上った人でびっくり。

ミクシィの足あとの威力だ。

おもしろいものだ。


「8月の終わりに30年ぶりのクラス会があるのでそれまでに歯をキレイに治したい」
と話す女性が先日ぼくの歯科医院に見えた。
クラス会で思う存分白い歯で笑いたいという思い、すごくよくわかる。
ぼくなりに受け止めた。

こういうエピソードは、過去をもとに生じている出来事とはいえ、すごく前向きだと思う。

あのときああしておけばよかった、というような話ではなく、とても明るくていい話しだ。

今後の展開を期待するとしよう。
[PR]

by omori-sh | 2007-08-27 14:23 | episode

学校キャンプ

8月25日、土曜の午後。
kasuの通う小学校の学校キャンプ。
学校キャンプといっても公式行事ではなく、主催は父親の会。

うちの子が通う(ぼくが子どもの頃通っていた)小学校の父兄がつくるPTAとは別の組織。
一応ぼくはそのメンバーのうちの一人になっているので、スタッフ側の人間。
といってもほとんど任せっきりで手伝うことなく、そういう意味では肩身が狭いけれども、kasuはすごく楽しみにしていて、その意味ではぼくもとても楽しみで、満喫しようと思ってこの日を迎えた。
c0056707_14361322.jpg

さて、行ってきます。
午前中仕事をしてからなので遅刻だし、妻に車で送ってもらう。
行きは上り坂なので助かる。
炎天下だし。

家には妻とchuとcarlを残し。
こういう組み合わせは滅多にないことで、それぞれが新鮮だ。

校庭で飯ごう炊さんし、テントを張って寝るというもの。
まずはテント設営。
c0056707_14363858.jpg

先日の家族キャンプではまったく手伝うことのなかったkasu、今回はがんばる。
「口は出しても手は出さないよ」という同じグループのMさんの方針に従って。
なんとか今晩の寝床の準備はOK。

つづいて夕ご飯の支度。
メニューはカレーライス。
食材を切る。
c0056707_14364529.jpg

これは家族キャンプでもやってくれたね。
だいぶん包丁にも慣れたkasu。

ブロックでこしらえたかまどで飯ごう炊さん。
c0056707_1436244.jpg

薪を割って、火を起こして、飯ごうで米を炊く。
これはさすがに大人の仕事。

料理長のHさんのおかげでなかなか上出来のカレー。
ごはんも予想以上に上手に炊けて、みんなおかわり。
おいしくて、お腹いっぱいで、ありがとう。

みんなでご飯のあとはキャンプファイヤー、スイカ、肝試し。
キャンプファイヤーなんていつ以来かな。
小学校時代をちょっと思い出す。
自分が通った小学校の校庭だ。

肝試しでは夜の校舎を順番に歩く。
ぼくは途中の教室に潜んで高学年の子を驚かせる役をやったけれど、いまいち恐くなかったみたいで課題が残った。
低学年はあまり怖がらせ過ぎてはいけないということで、高学年がやってくるまで教室でじっと待っていて、暗い教室で子どもの頃を想像してみた。

ちょうど最近中学時代の同級生とあったりミクシィで偶然当時の友だちと連絡取り合ったりしてて、懐かしい気分に浸っているので、この小学校の教室はそれをさらに盛り上げてくれる。

それにしてもこんな小さな教室だったんかなあ。

22時の消灯時刻になっても興奮しているのか暑いからなのかなかな眠らないkasuのテントのメンバー。
1年生から5年生まで女の子4人組。
楽しそうだからまあよしとしよう。


スタッフの中には徹夜をした方もあったけれど、ぼくはテントで数時間眠らせてもらった。
寝てないととっても体にこたえるから。

夜が明けて、子どもたちも行動を開始。
我が母校の校庭。
c0056707_14365566.jpg

本館、北校舎、南校舎、30年前と変わらずちゃんと当時と同じところにある。
まさかこうして校庭にテントを張ってそこで宿泊するなんてね。

朝ご飯はおにぎりと味噌汁。
c0056707_1437172.jpg

ラジオ体操の前にしっかりおにぎりを握っておく。
食べるばかりじゃなく、たまにはおにぎりを握る立場もね。

あと片づけもみな協力し合うし、集団生活を学べたキャンプ。
kasuはまた新しいお友だちとも仲よくなれた。

「キャンプすっごい楽しかったわ、また来年も行きたい」といういkasuの言葉を帰り道に聞けたから、ぼくもすっかり満足だ。

Yさんはじめお世話してくれたみなさんに心から感謝。
ねぎらいの言葉をかけたい。
[PR]

by omori-sh | 2007-08-26 14:37 | children

マック・デジ

昨夜の晩ごはんは夏休み特別のマクドナルド。
年に4回くらいは子どもたちのお楽しみのためにマクドナルドを利用している。
実はつい先週に久しぶりに行ったのがきっかけではある。

そのとき期待していたハッピーセットのおもちゃが手に入らなかったので、おもちゃの種類が変わる日に合わせて、わざわざ行ってやることにした。
子どもたちの目当ては、マック・デジ

うちの子らはほぼ初体験の電子ゲーム。
ハッピーセットのおまけのゲームだからたいしておもしろいわけじゃなかろうに、子どもたちの喜びようったら。
大はしゃぎのchu。

DSを知らないうちの子たちなので、よっぽどうれしかったみたい。
でもいつまで熱が続くかな。
それでもこうやってマクドナルドに行くだけで楽しい思い出がつくれる素直な子たちでよかった。

クーポン利用で持ち帰り4人分で1700円。
手頃な値段で楽しめるから、たまにはマクドもいいかもな。

「時間を決めて15分だけ遊んだよ」とkasu。

エライ!
[PR]

by omori-sh | 2007-08-25 12:36 | children

待合室の本、BGM

診療所の待合室にどんな雑誌を揃えておくか、ということを考えるのも楽しいものである。
といってももっぱらそれは受付嬢の妻の役目になっているけれど。

先日本屋で「待合室向きかも」と見つけたのが梅佳代さんの写真集。
笑える写真集だ。
美しい写真集もいいけれど、おもしろい写真集もいい。
「男子」という写真集では大阪の小学生がモデルなんだけれど、これが楽しい。
おもろい顔ができる小学生ってステキだ。

そのほかに本屋で見つけて買ったのが「谷川俊太郎質問箱」。
ほぼ日からできた本。
さまざまな質問に詩人がこたえているんだけれど、さすが詩人。
アドリブのきいた回答がうまいこと予想を外してくれている。

待合室で患者さんがどれくらい手にとっておられるかは不明だけれど、こうやって自分が「あ、これいいな」と思ったものを並べておけるというのがうれしい。
「あの歯医者の待合室におもしろい本が置いてあった」と思ってもらえたらもっとうれしい。

BGMもけっこう自分たちの聴きたいCD、という基準でセレクトしている。
だから今日もハナレグミが流れている。

受付嬢の妻がCDを適当に選んでかけているので、彼女の気分に左右される。
ジャズが好きだという患者さんが来られたらジャズにしてみたり。
ちょっと気取ってCafe風の音楽にしてみたり。

c0056707_14311189.jpg

Soma のEssence of life“smile”

「リンダリンダ」とか「ばらの花」のカバーがいい。

c0056707_14345392.jpg

BOSSA a.m.のGREETINGS

BAD DAYもいいけれど、ぼくはHUNGRY LIKE THE WOLFに反応してしまう。

楽しみながら働ける幸せ。
[PR]

by omori-sh | 2007-08-24 14:23 | create d.c.