<   2008年 08月 ( 63 )   > この月の画像一覧

夏休み最終日

夏休み最後の日、8月31日は日曜日。
バレーボールクラブでいい汗を流して、夏休み最後の晩ごはん。
おうちでお好み焼き。
そして昨日借りてきたダイハード4を見る。

夏休み、いろいろ楽しかったね。
子どもたちと存分に楽しんだ夏休み、ぼくも満足。
ひょっとしたら、自分が子どもの頃より子どもたちとの夏休みを満喫しているかも。

学生時代の長い夏休みもよかったけど、今の夏休みも仕事しながら毎日充実してていい。
家族で過ごせる夏休みも、そんなにたくさんあるわけじゃないもんね。
できるときにできることを存分にできたらというのがうちのスタイル。

さあ、明日から2学期だ。
[PR]

by omori-sh | 2008-08-31 18:34 | episode

トネリコ

夏休み最後の日、午前中は子どもたちをほったらかしにして庭そうじ。
庭の雑草をいくらか抜いただけでちょっとすっきりした。

うちの庭にはトネリコの木があって、花が咲いて種が落ちて、たくさんの子どもたちが芽を出している。
トネリコの子どもを何本かポットに移植してみた。
ポットで落ち着いてくれたらどなたかにプレゼントしたいね。

トネリコのグリーンは素朴で、派手な花が咲くわけでもないけど、それがまたいい。
弾力のある枝、常緑で生命力の強い木。
楽器の原材料にもなるらしい。

トネリコの子どもたち、元気に育ちますよう。
[PR]

by omori-sh | 2008-08-31 11:49 | garden

久々のレンタル

5年ぶりにレンタルビデオ店に行った。
近所にあって、しょっちゅう前を通っているんだけれど、入ったのはほんとに久しぶり。
夏休み最後の週末、家でDVDを見よう、となったので。

夏休みの宿題でライフ・イズ・ビューティフルを見よ、というのがあって、まずぼくの目当てはそれだったんだけれど、残念ながら貸し出し中。
またの機会ということにしよう。
子どもたちは名探偵コナンシリーズ。

さて、コナン、子どもたちと一緒に見ると、これがおもしろい。
やっぱり日本のアニメはスゴイね。
アニメのほうがハズレが少ないかも。

目当てのライフ・イズ・ビューティフルはというと、実は5年以上前に妻と一緒に見た映画だった。
妻はそもそも幼いkasuを連れて劇場に見に行った映画で、あらためて見たくてレンタルビデオ店で借りてきて、それを一緒に見た。
一度見たことあるのに、見たことをすっかり忘れていた。

忘れてしまうような薄っぺらい映画ではないのに…。

いや、you tubeなんかでかいつまんでみると徐々に記憶が蘇ってきた。
見終わって、感動してた自分を思い出した。
主人公の息子がちょうどchuくらいではないか。

ホロコーストを喜劇的に描いたライフ・イズ・ビューティフル。
またあらためて子どもたちと一緒に見よう。
歴史的に知っておいたほうがよいことだしね。
ついでにわかったのがホロコースト記念館ってのがこの間訪れた福山にあるとか。
ぼくも子どもたちと一緒にあらためて考えるべきだ思っているし。

子どもたちと一緒に映画を見て語り合うというのは今後ぜひやっていきたいね。
家でDVD借りてきて見るというオタク化計画立案中。

そのためにはまずちっちゃいテレビの買い換えが必要か。
地上波デジタルに対応してないしねえ。

子どもたちの成長とともに、家での楽しみ方も変わっていきそうだ。
[PR]

by omori-sh | 2008-08-30 21:11 | music/art/movie

豪雨

各地で豪雨による災害が相次いだ。
河川の氾濫ってこわい。
最寄りの山田川が溢れたらどうなるんだろう。

それにしても、雨が降るだけで、あそこまで被害が出るとは。
先日冠水したところで車が水没して運転席の女性が亡くなった。
そういうことは起こるもんなんだね。

こちらでも弱い雨が降ってはやみ、やんでは降るという状況。
夏の間乾いた地面をゆっくり潤してくれている感じ。

被害が大きい地域の方はほんとうに気の毒だ。

しかし、どうしてこんなに極端なんだろう。
降らなければ雨乞いし、降ったと思えば豪雨。
ほどほどがいいなあ。

極端になりがちな暮らしぶりと同じだ。
[PR]

by omori-sh | 2008-08-30 06:20 | episode

将来結婚するなら

昨日娘のkasuと一緒に散歩した。
夕方のcarlの散歩に出るとき、子どもたちに声を掛けるとついてきてくれるのがうれしい。

kasuは9歳で小学4年生。
夏休み中は家の留守番を任され、弟の面倒をみて、家族4人分のお弁当をつくって診療所まで届けるよう指示された。
「もう4年生なんだから、それくらいできるでしょ」てな具合に。

ずいぶんしっかりしてきたなあと思う。
計算はどうも苦手だけど。

kasuと歩きながら、他愛もない話をする。
ひょんなことから将来の結婚についての話になった。

何歳くらいで、とか、子どもが欲しい、とか、どんな人と、とか。

9歳だから、父親とそんな話ができるのかな。
9歳なのに、25歳くらいで、とか、子どもは男と女一人ずつとか。

「どんな人と結婚したい?」
「かっこよくて、頭がよくて、おもしろい人。家のことを手伝ってくれる人」

ほほう、家事を手伝ってくれる人というのが9歳にして重要なポイントになっているのか。
で、具体的にはどんな人?誰みたいな人?と尋ねてみると、

「chuみたいな人」だって。

お父さんみたいな人、という答えを期待していたわけじゃない。
そして弟みたいな人と結婚したい、と9歳であっても思うとうことがほほ笑ましく、うれしくなった。
なかよしきょうだいやもんねえ、kasuとchuは。

考えようによれば、お父さんみたいな人と言われるよりも、うれしいことだ。
いつまでも、娘とこんな話ができたらなあと思う。
いい嫁入りができるといいね。
[PR]

by omori-sh | 2008-08-29 13:52 | children

ひとりでいける

木曜日はサービスデーなので、夏休みにずいぶん伸びたchuの髪を散髪に。
いつもはぼくと一緒に行くんだけれど、ぼくは3週間前にひとりで行ったので、chuにもひとりで行かせてみた。
あらかじめお店に電話して、お金を持たせて。

chuさん、最初はひとりで行くのが不安そうだったけれど、まあ何事も経験だし、突き放したらすんなり行った。
はじめての経験はちょっと思い切りが必要で、不安な気持ちがあるからこそ慎重になる。
ドキドキすることってとても大事なこと。

子どもに限らず、ぼくらもはじめてのことは同じように不安だ。
いつの頃からか、おっくうになって、はじめてのことにチャレンジしなくなっていくな。

自分の殻を破るのはいくつになっても必要なんだけど。

まもなくchuが散髪を終えて帰ってきた。
うれしそう。
「こんどから、ひとりでいくな」

またひとつ、できるようになった。
[PR]

by omori-sh | 2008-08-28 17:25 | children

体力低下

ぼくの診療所の駐車場は、隣の2台分とはまた別にちょっと離れたところにあと2台分ある。
離れたところにある駐車場は開業前から確保していた場所で、地面が土なので草が生える。
夏の間ほったらかしだった駐車場には草がボウボウ。

草刈りしないとなあと思い続けて1か月。
今年の夏は暑くて雨が少なかったから、雑草の伸びもほどほどで、ついこれくらいならまあいいか、となってた。
さすがに炎天下ではできないし、できることなら雨のあとにしたい。

そういうわけで今日、ちょうど雨も降ってくれたから草刈りをすることにした。

抜ける草は抜く。
簡単に抜けない草は鎌で刈る。
これがなかなかの肉体労働。

妻と二人、黙々と作業。
一生懸命ということもあるけれど、しんどくて喋る余裕がない。
汗が噴き出て腰は痛くなる。

わずか2台分の面積なんだけど、すぐにくたくた。
体力ないなあ。

日頃運動不足だからな。
運動不足にはスポーツもいいけど労働だな。
そうじで体力づくり、というのがいちばんなのよねえ。

草引きと拭き掃除がなまった体にはいい。
ってよくわかってるんだけど…
[PR]

by omori-sh | 2008-08-28 15:49 | create d.c.

気をつけないと

「帰省先で歯が痛くなって、治療してもらったんです。月曜に診てもらって、水曜にも診てもらうはずだったんですけど、その先生倒れられて、1回治療してもらっただけです」

夏休み、帰省先で歯が痛くなったとか、帰省先のプールで歯をぶつけたとか帰省先でのトラブルがきっかけでぼくの歯科医院に来られる人がちょこちょこおられる。
そういうことはよくある話で、こちらが帰省先という人もちらほらあった。

それよりも、歯医者が突然倒れた、という話。
これも結構ある話で、ここのところ同窓会からも訃報が届いた。
50代の先生が二人。

さすがに30代とか40代ではないけれど、50を過ぎると要注意だと感じる。
ぼくは今38だから、あと10年もすれば自分もいつそうなってもおかしくないという話。
もちろんそれまでだって何が起こるかわからない。

最近住宅ローンの利率見直しの話があって、完済まであと29年という数字を見て唖然としたんだけれど、それもまず元気でいられての話。
まあぼくがいなくなったらローンもなくなるようにはなってはいるけど。
生きている間は返済し続けるんだろうね。

逆に言うと生きているうちは返済できるように、元気で働いていないと。
50代であの世に逝かずにすむように、気をつけないと。
50代になってから気をつけたのでは遅いんだろうな。

しかし、この一杯はやめられない…
[PR]

by omori-sh | 2008-08-27 20:26 | health

夏休み最終週

夏休みも残りわずか。
今週は追い込み週間だ。
なんとか課題はほぼ完了させることに成功した子どもたち、ちょっと余裕。

昨日は楽しみにしていたポケモン映画に連れて行ってもらえて、一緒に行ったお友だちとたっぷり遊べた。
これも宿題ができてたからこそ、心おきなく遊べたに違いない。
朝からハイテンションだった子どもたち、昨夜ははやく寝ちゃったし、今朝もどんより。
雨のせいもあるかな。

今日は雨だし一日家でのんびりだね。

あと5日の夏休み。
5日もある、か、5日しかない、か。
まあどっちとも言えるね。

夏休みにやり残したことは何だろう。

ちょっとくらい、やり残したことがあったほうがいいかも。
[PR]

by omori-sh | 2008-08-27 06:49 | children

言わなくていいこと

何もそんなこと言わなくても、ということをつい口に出してしまう人がいる。
いつも「その一言が余計」、などと周囲から思われる。
ぼくもどちらかといえばそういう人のうちの1人。

言わなくてもいいことをついポロリ。

失敗を教訓に、年とともにだんだん口数が減る。
言わなくてもいいことを言わないように、黙っている。
思ったことを口に出さずにリスクヘッジ。

言う方も決して悪気はないし、皮肉の一つでも言ってやろう、というわけでもないのに、言ってしまう。

言ったあとで、「しまった、またいらないことを言ってしまった」と思っても後の祭り。
後悔するってことはまだよくわかっているわけで、中には後悔すらまったくしないこともある。

おそらく、言ってしまったことにより、実に大きな損失をしている。
まさしく「口は災いの元」である。

けどそれに気づかないのも、案外幸せかもしれない。
[PR]

by omori-sh | 2008-08-26 23:33 | episode