<   2009年 05月 ( 45 )   > この月の画像一覧

クラブで子どもたちと

昨日は学校主催のバレーボール教室で子どもたちとバレーを楽しんだ。
学校の先生方と手をつなぐことで子どもたちにいい場を提供できるといいなと思う。
ぼくたち父兄でありスポーツクラブのコーチが先生と一緒に子どもたちの活動に寄与するってすばらしい。

そして今日はいつものクラブ
今年度になって一番人が集まった。
全員集合すると学校の体育館では窮屈だ。

でもそれってとてもうれしいことでもある。
30人の子どもが集まってくれて、一緒に活動。

今日もまた1人新しい仲間が増えた。

こうしてクラブがよりよくなっていくことを実感できるとやりがいがあるってもんだ。

次の週末もまた二日連続子どもたちとバレーだ。
[PR]

by omori-sh | 2009-05-31 20:27 | sports

のんびり日曜の朝

昨夜は同窓会関係のおじさんの集まりがあって明石へ。
ぼくが最年少。
この会だと最年少が続くのかなあ、まあしゃあないね。

鯛めしがおいしかった。

2軒目の飲み物がどれも炭酸系の気が抜けていた。

来年は幹事をすることになっている。
店を選ぶのは嫌いじゃない。

今朝はやっぱりアルコールが残っている。
最近外で飲むと次の日まで必ず残る。
つい飲み過ぎるからかな。

なので午前中はのんびり。
子どもたちは元気。

日が照ってきた庭は昨夜の雨のしずくが残っていてキラキラしている。

一輪だけ咲いてるガーベラ。
c0056707_10592818.jpg

毎年咲いてくれる。

今年いただいたベゴニアとゼラニウムは鉢植え。
c0056707_10594026.jpg

c0056707_10594836.jpg

ゼラニウムも白がいい。

カシワバアジサイ、毎年大きくなって。
もうだいぶ花が開いてきた。
c0056707_10595429.jpg

5月が今日で終わる。

5月もいい月だったと思う。

きっと6月はもっといい月になるだろう。
[PR]

by omori-sh | 2009-05-31 11:08 | garden

c0056707_1855749.jpg

高校の頃毎日乗り降りしてた駅。
向こうのマンションは最近建った。
この辺も変わるけど、この駅のホームの狭さは変わらない。
[PR]

by omori-sh | 2009-05-30 18:05 | episode

10000

2年半前、自分で診療所のホームページをつくった。
今日、そこのカウンターが10000を記録。
それもたまたま自分が見たときに10000の表示。

長くかかったけど、手作りでコスト0で、10000だからうれしい。

ホームページで集客、SEO対策はお任せ、みたいな業者に任せずに、10000。
中にはホームページやブログを見て来院して下さる方だっているし。
ごくごく一部の方みたいだけど、それでもそういう方がいるってことは事実。

プロが作るサイトじゃなくても、伝わることもある。
逆に、伝わった人に来てもらえたらそれでいい。
とにかくたくさんの人に見てもらうことだけがいいとは思っていない。

なんだけれど、今日記録した10000はうれしい。
[PR]

by omori-sh | 2009-05-29 23:36 | create d.c.

たまねぎ

昼休みが終わる頃、お客さんが見えた。
たまねぎのおすそわけ。
うれしいねえ。

最近こちらに転居されてきて、93歳のお母さまの付き添いで来られていた奥さま。
わざわざ寄って下さった。

たまねぎが好きだってこともあるけれど、こういうエピソードがあるとそれだけで心が和む。

ちょうど直前によくわからない営業の電話を受けたところだっただけに、気分がよくなった。

おすそわけ、の効能。

それにしても、たまねぎって、なんでそんなにおいしいんだろう。
[PR]

by omori-sh | 2009-05-29 18:02 | create d.c.

また会えた

雨上がりでさわやかな朝。
昨夜早く寝て気持ちよく目覚められたから余計にさわやか。

いなくなったと思っていたウグイスにまた会えた。
ホーホケケキョの鳴き声の主。

ちょっとうれしい。

公園の草刈りがなされていて、すっきりしているのもいい。
公園は整備されていてこそ公園だな。

いつもより10分早いだけで出会う人も違ってちょっと新鮮。
早起きは帰ってきてからも余裕があっていい。

さて金曜日。
[PR]

by omori-sh | 2009-05-29 06:34 | episode

ボウズ

「25年以上自営業やっててはじめてのボウズだったんです」
新型インフルエンザの影響で、飲食店は大打撃を受けたようだ。

「震災のときでもボウズはなかったのに」
異人館も震災より人が少なかったと新聞に載ってた。

昨夜先輩にごちそうになって、3軒目に入ったバーのマスターが先週の水曜にお客さんが誰も来なかったことを嘆いていた。
ボウズ。

ぼくはありがたいことに開業してボウズの日はない。
開業当初はボウズに近い日はあっても0人という日はなかった。

商売をしていてお客が来ない日はつらい。
ぼくも2年前の2月、どうやったら来てもらえるだろうって悩む日々だった。

おかげさまで今となってはボウズなんてことは天災でもない限り考えられない状況だけど、飲食店の場合はいつ何が起こるかわからない。
新型インフルエンザの影響力の大きさを生の声で感じた。

ぼくがその店に行ったのは2年ぶりくらいだけど、マスターはぼくのことを覚えてくれていた。
ボウズってことももちろんだけど、それ以上にマスターの記憶力に驚く。

細やかな気配りのマスター。
ウイスキーをはじめ品揃えが豊富で、リクエストにすぐさま応えてくれる。

そんなマスターの店でもボウズだったなんて。
恐るべし、新型インフル。
そして情報に影響を受ける人。
[PR]

by omori-sh | 2009-05-28 19:35 | episode

おじさん

あるおじさんにご馳走してもらった。
おじさんは髭のおじさんで、ぼくのことを理解してくれてて、気にかけてくれてる。
ありがたいねえ。
そういう人がいるって、幸せだ。
[PR]

by omori-sh | 2009-05-27 23:56 | episode

元気なんだけれど

体調も悪くないし、仕事もそれなりに楽しいし、元気なんだけど、ちょっと考え事なんかしていると妻が心配してくれる。
もともとそんなに明るいタイプってわけじゃなく、一人が結構好きだったりするので、自分としては普通なつもりなんだけど。

確かに何やかやと考えることがあって、その都度動きが止まって暗い顔になっているかもしれない。
思うようにいかないこともたくさんある。

なんだけれど、元来ノーテンキで忘れっぽいたちなので、深く悩んでいるようで実はそうでもない。

もうちょっと真剣に悩んだらどうだ、ってくらいかもしれない。

でも今のぼくにはそれくらいのいい加減さがちょうどいい。

がんばりすぎないってスタンス。
[PR]

by omori-sh | 2009-05-27 14:49 | episode

無関心じゃなく無関係で

北朝鮮が核実験したりミサイル発射したり、もう一体何考えてるんだろうねえ。
自分の身に降りかかるわけじゃないと思って、ただその行為を軽蔑してしまっている。
脅威なのに。

新型インフルエンザの脅威も自分が感染して病で苦しむことよりも、学校が休みになったりマスクがなくなったりするほうが困ると思っている。
騒ぎすぎることによる弊害が大きいって。

無関心ってわけじゃないけど、自分には関係ないって思ってしまっている。
無関係でいたい、という願望かな。

しばしば無関心が問題視されるけれど、無関係でいたいというぼくの感覚と無関心はあまり差はないような気もする。

日馬富士が白鵬を優勝決定戦で破ったことはかなりたいしたことだと思う。
それがモンゴル人対決だってことも相撲に無関心な人はわからない。
そんなことは無関心でも何の問題もない。

自分に関係があるかどうか、というのは関心があるかどうか、というだけでは決まらない。
関心がなくても関係が生じてしまうこともある。

厄介なことからは無関係でいたいねえ。
できることなら。
[PR]

by omori-sh | 2009-05-26 20:01 | episode