<   2010年 09月 ( 50 )   > この月の画像一覧

まさかの逆転

阪神が横浜にまさかの逆転負け。
抑えで出た藤川が村田に逆転の3ランを打たれた。
ランナーは連続四球だったから、どうしようもないね。

矢野の引退試合だったことで力が入ってしまったのはある程度仕方ない。
矢野の心中も複雑だろう。
責任感じてるかな。

阪神の優勝はかなり厳しくなった。
でもそれは長いペナントを考えると、この一敗だけで論じることはできないわけで、藤川球児を責めることはできない。
一番つらい思いをしているのはきっと藤川球児。

責任を背負うって、こういうことなんだねえ。

頼りにされる人って、たいへんだ。

ほんとうの責任は、好投していた久保を替えて藤川を投入した監督にあるんだよな。

期待に応えるって、ハイリスクハイリターンだ。
[PR]

by omori-sh | 2010-09-30 21:09 | episode

肌寒い朝

夜のうちから雨が降り出したらしい。
雨の朝は暗い。

大して降ってるわけじゃなく、濡れないんだけれど、肌寒い。
さすがに半袖ではちょっとね。

明日から10月だもんね。

寒くなってくると、あの暑かった夏がどんどん過去になっていく。
そういえば暑かったよね、くらいに。

前半はまだまだ暑かった9月。
後半になって秋めいてきた。

今年の9月はいい月だった。
最終日、気持ちよく終えたいね。
[PR]

by omori-sh | 2010-09-30 06:47 | episode

ごはんつくるの楽しい

仕事から帰ってから、妻が食事の支度をしてくれる。
ぼくはcarlの散歩をして、シャワーを浴びる。

そしてビール。
妻は「ごはんつくるの楽しい!」と言いながら台所で動いている。

ありがたいねえ。
料理が嫌いな奥さんだったらぼくはダメだったなと思う。

ぼくは全然手伝わない。
ちょっとくらい手伝った方がいいんだろうけど。

kasu、お母さんを手伝っておくれ。
母からいろいろ学ぶのだ。

小さな診療所で一緒に働いて、ぼくが一人で家計を支えているわけじゃないので、妻のほうがたいへんなんだけど、甘えてる。
おいしいごはんを、ありがとう。
[PR]

by omori-sh | 2010-09-29 20:10 | episode

お風呂は遊ぶところ

chuのお風呂好きにはあきれる。
夏の間はほとんどシャワーですませてたんだけど、今夜は久しぶりにお風呂。
そしたら入ったchuが出てこない。

chuがお風呂に入ってると聞いてからcarlの散歩に出て、帰ってきてももちろんまだ入ってるから一緒に入った。
久しぶりに息子と一緒のお風呂。
今日遊んだ話を聞く。

ぼくは先に出た。
kasuはchuに早く出ろと言う。
意に介さないchu。

風呂で体を洗ったり温まったりしているというよりも、遊んでいるchu。
お風呂で遊ぶグッズをいろいろ用意して、一人で黙々と遊ぶ小学3年生。
赤ちゃんのときからお風呂に入ると泣き止んでいたchu。

お風呂は遊ぶところだと思っているらしい。

銭湯も大好きで、出かけたときお風呂に行こうというと一番喜ぶ。
逆にお風呂に入れないとわかるとものすごくがっかりする。
おもしろい子だ。

風呂の中で、
「ぼくって特技ないねん」
と話していたchuだけど、お風呂で遊ぶというのは、特技だよ。
[PR]

by omori-sh | 2010-09-28 20:31 | children

目標達成

仕事で、毎月目標を決めている。
目標を達成すれば、スタッフに何かしら還元している。
9月は開業以来売り上げが落ち込む傾向がある。
祝日があって、働く日が少ないからね。

でも、今日、今月の目標をクリアした。
9月の目標達成ははじめて。
9月になって、いつまでも暑いねえなどと言いながら忙しく働いてたもんね。

今月の目標達成の還元は、食事会にしよう。
串カツか、焼肉か、お寿司か、フレンチか。
スタッフの希望に従おう。

こういう提案ができることはうれしいこと。
目標達成って、いいね。
届くとうれしい目標設定が大事なんだけど。

みんなへの、ご褒美。
[PR]

by omori-sh | 2010-09-28 20:18 | create d.c.

垂水

妖怪図鑑のあと、電車で垂水まで帰ってきた。
そこでランチにすることに。
chuがパスタ食べたいって言うからパスタにしよう。

Richerという雑誌に掲載されてる店は混んでてダメ。
たまたま見つけた「びすとろ 小さな台所」という店に入った。
垂水区役所のあるレバンテ1番館の一階。

ご主人がお一人で切り盛りされている小さな店。
けどうまいこと4人席があいてて入れた。
こういう店はほんとうに久しぶり。

ランチはサラダ・パン・パスタ・コーヒー(紅茶)で900円。
リーズナブル。

ぼくは今、リーズナブルが重要だと考えている。
自分の職業的にも。
ぼくの性格上、いかに安く提供できるかのほうが性に合ってるなと。
だから、より一層安くてうまい店に惹かれる。

満足して店を出た。
いい気分。

本屋でしばらく過ごしたあと、ドーナツを買って帰ることに。
ミスドも100円セールやってるけれど、たまたま見つけたフロレスタで。
安いのは大切だけど、それだけじゃない価値も重要なので。

もちろんぼくの職業的にも、商品に対する一定のこだわりとか職人気質ってのが必要だと思っているので。
つまり、ありきたりではない独自性があって、それがリーズナブルであること。
経済的に恵まれたごく一部の人が享受できるものでなく。

残念ながら、それは大多数の方のニーズに応えられるものではないんだけれど。

このドーナツは全国展開しているようで、多くの方のニーズに応えられるようだね。

ドーナツは家で食べることにして、バスに乗る。
はじめて乗るルート。

ぼくは垂水区で生まれ、垂水区で育った。
垂水の町は、中学の頃が一番馴染みがあった。
もう30年近く前の話。

今もあの頃が基準。
もちろんずいぶん変わった。

子どもたちはこの町をどう見るんだろう。

いい町だよ。
もっと知りたいと思った。
[PR]

by omori-sh | 2010-09-27 00:55 | episode

夏休みにやり残したこと その3

久しぶりに家族4人、電車でお出かけ。
駅のホームで近所の方に会い、「おそろいで、いいですね」なんて言われて照れくさかった。

夏休みにやり残したことがまだあったので。
兵庫県立美術館で開催中の水木しげる妖怪図鑑。

夏休み前に学校でチラシをもらって帰ってきてた。
それを見たこともあり、境港では水木しげるロードに行った。

水木しげるロードまで行ったのに、県立美術館には行ってなかった。

水木さんは神戸に縁がある方で、ぼくは見てないけれどNHKでドラマをやってることもあり、結構な人出。
正直のところ、ぼくは妖怪に興味があるわけでもなく、それほど期待してなかった。

でも、行ってみると妖怪といっても奥が深いなと。

古くから伝わる伝説など、ていねいに再現されていることを今更知った。
河童の川太郎なんて、愛おしくなる。

妖怪の存在を通じて、いろいろなメッセージが伝えられているんだな、ということが少しわかった。

行ってよかったね。
夏休みにやり残したことも、これでほぼ終わったかな。

釣りには行ってないけれど、それはまたの機会に。
けど今この辺で青物が釣れてるらしい。
[PR]

by omori-sh | 2010-09-27 00:33 | episode

妖怪図鑑

c0056707_19441482.jpg

開館時間前、並んでます。
美術館前ではねずみ取りやってます。
次々ひっかかってます。
[PR]

by omori-sh | 2010-09-26 09:55 | episode

親子連れ

親子連れと言っても、いろいろなパターンがある。
まずすぐに思いつくのが自分たちのような父母と小学生の子ども二人、みたいな親子連れ。

年老いた親と壮年の夫婦というのも親子連れになる。
この場合子が親を連れているって感じだけど。
よくあるのが老いた母に息子夫婦が付き添っている姿。

そのほかにも、母と大学生くらいの息子が二人とか、母がバギーに幼子を乗せて連れているとか。

chuがくら寿司に行きたいというので土曜の晩ごはんは回転寿司。
久しぶりに歩いて行った。
混んでたらやめてほかの居酒屋にでも行こうと思って。

思いのほか混雑は少なく、そんなに待たなくても入れた。

周囲を見渡すとさまざまな親子連れ。
親子連れのほかにカップル、友だち同士なども。

メニューが新しくなったくら寿司、なかなかおいしい。
これだけ混雑するのも、これだけの味でこの安さだからだね。
家族4人でたらふく食べて、ビールも飲んで5000円でおつりがくるもん。

物価は下がってる。
安いことは豊かさだとぼくも思う。
同じ値段でクオリティが上がるのはいいことだ。

それはさておき、親子連れから、父の姿が減っていることに驚いた。
お母さんが小学生や中学生の子どもを二人くらい連れて、回転寿司に。
母子家庭という事情もあるかもしれないけれど、明らかにそうじゃない方も。
お父さんが出張でいないとか、いろいろあるもんね。

別にそんなに驚くことじゃないのかもしれない。

お父さんが家にあんまりいないのは普通のことだろう。

でも、なんかちょっと、不思議な感じがした。
土曜夕方の回転寿司で、親子連れに、お父さんがいないのは。
[PR]

by omori-sh | 2010-09-25 22:47 | episode

飛び石

今週は休みが多くて、変な感じ。
その休みも飛び石で。

翌日休みってことで飲み会が2回。
それもあって、余計に疲れた感じ。

休みがあると、仕事の日が忙しいというのもある。
今週は休みが多い上に保健所出務もあった。

忙しいのはありがたいことだけど、本当に忙しいという字のように心を亡くすほどになるといけない。
忙しくてもテンポよく、調子に乗ってると心は亡くならず、むしろ軽快で心は悦だ。

今日金曜日は午前中ちょっと心を失いかけ、午後は忙しいながらも心は保てた。

昼休みに妻が気をつかって買ってきてくれたフライまんじゅうが揚げたてでカリカリで、最高においしかったからかもね。

疲れたときには甘いものが効くな。

そんなこんなで、飛び石はもうちょっと続く。
明日の土曜、午前がんばれば、また休日。
[PR]

by omori-sh | 2010-09-24 23:29 | episode