<   2010年 11月 ( 53 )   > この月の画像一覧

carlの診察がてら

先週の金曜に手術を受けたcarl。
翌日の夕方に受診。
次は火曜か水曜ってことで、今日行くことにした。
仕事が早く終わったしね。

子どもたちも一緒に行こうか。
二人とも、動物病院に行くの好きみたいだし。
待合室で本を読むことができるしね。

平日の夜は動物病院も混んではいない。
静かな時間が流れている。
歯科医院と、似てるような似てないような。

carlの術後はまあまあ順調。
抜糸まで、まだ1週間はあるから、傷口に対しては配慮が必要。
けど、犬だし、あんまり神経質になりすぎてもね。

carlの治癒力に期待。
先生は縫合の状態を一生懸命見て、漿液を抜き取り、レーザーを当てて下さった。
次回は金曜日。

家族全員で来てるから、晩ごはんも適当に済ませて帰ろうか。
carlには車で待ってもらうから、目の前のすき家にて。
chuはすき家が大好きだ。

carlの診察がてら、外食。
平日の夜に。
こういうのも悪くないね。

chuはすき家でもカレー。
ほかの3人は牛丼。
牛丼にもいろいろ種類があって、3人とも違う牛丼だった。

4人の食事代、2000円でおつりが来た。
結構幸せな晩ごはんだよな。
carlにとっても病院は嫌いな場所じゃないみたいだし。

わずか1時間のことだけど、ちょっとした非日常。
[PR]

by omori-sh | 2010-11-30 20:49 | episode

chuの賞状

月曜日はありがたいことに忙しく、バタバタと仕事。
思い通りにならないこともあり、ストレスフルでもあり。

でも、夕方やって来たkasuが、目を丸くして、
「chu、朝会で賞状もらってんで!」
と報告してくれて、ほっと心が和んだ。

絵画で入選らしい。
それはよかったね。

うちの子たち、ちょこちょこ賞状もらえるなあ。
ありがたいことだ。
ぼくもうれしい。

飛び抜けた才能はなくても、こうしてちょっとずつでも自信をつけてもらえたら。

二人とも、ぼくが子どもの頃より表彰されること多いな。
いいことだ。
[PR]

by omori-sh | 2010-11-30 06:47 | children

カラーつけて散歩

毎回はずすのは面倒なので、つけっぱなしにしているcarlのエリザベス・カラー。
散歩の時間は朝も夕方も暗くなってからだから、目立たないと思ってた。

けれど、さすがに月曜の夜は仕事帰りの人と出会う。
この犬、何つけてんだ?って顔してる人も。

carlはカラーもおかまいなく、がんがん歩くから、カラーはガサガサ音を立てる。
カラー、あと一週間持つかな。

貴重な期間。
カラー生活も楽しもう。
[PR]

by omori-sh | 2010-11-29 22:28 | dog

後の先

NHKスペシャルで白鵬の特集。
日本人よりも日本人らしいと言われる白鵬。
今場所も決定戦で勝利し、賜杯を受け取った。

その白鵬が目指しているという「後の先」。
かつての双葉山がそうであったという横綱らしさ。
「ごのせん」と読む。

立ち会いでは後から立って相手を受け止めつつ、先に自分の型に持っていくこと。

まさしく横綱相撲。
横綱らしいスタイル。

朝青龍は強くて人気があったけれど、横綱らしくはない横綱だったと思う。
横綱らしからぬってところが人気の秘訣だったのかもしれない。
朝青龍の人気ぶりは、日本人の意識の変化とも言われる。

その点、白鵬は横綱らしい横綱。
「無心」「勝ちに行かない」という言葉が白鵬の口から出ていた。
横綱というのはやはり特別だな。

連勝が途絶えた場所では双葉山も大鵬も優勝を逃したらしい。
白鵬は今場所も優勝。
ぼくはすでに白鵬の連勝記録がはじまっているような気がする。

後の先、かっこよすぎる。
[PR]

by omori-sh | 2010-11-28 22:52 | episode

それぞれにいろいろなり

龍馬伝が最終回。
いかに坂本龍馬が大きな存在だったか、今年の大河ドラマであらためて思い知らされた。
描き方ってのもあるだろうし、他の見解もあるだろうけれど、偉大な人物にかわりはない。

龍馬も言ってたように、違う視点を持った人がいてこその組織だと思う。
いろいろな人が集まってこそ。
まとめるのがたいへんだなって思うくらいのほうがいいんだろう。

そういうことをドラマを通じて教えてくれるんだけれど、いざ現実に目を向けてみると、やっぱり難しい。
派閥があって、メンツがあって、既得権があって。。。

命がけで自分のやるべきことをやってのけた龍馬のすごさがよくわかった最終回。
去年の天地人といい、すっかり大河ドラマにはまっているわが家。
12月は坂の上の雲ですな。

今日の午後はバレーボールクラブ
5・6年は試合直前。
今年は2チーム出すので各チームにコーチもわかれて指導。

コーチもそれぞれ個性がある。
それぞれの視点で見て、子どもたちに言葉を贈る。
子どもたちはそれを聞いてそれぞれが解釈しているだろう。

子どもたちにうまく伝えることができているだろうか。
自分のやるべきことができているだろうか。
龍馬伝を見て、身につまされた。

自分が属しているすべての組織で、自分はやるべきことができているか。
自分のやりたいことができているか。
自分のポジションにふさわしいことができているか。

たいへん疑問だ。

家庭においては父親として。

まあそれぞれに、いろいろとね。
[PR]

by omori-sh | 2010-11-28 21:40 | episode

許容

再びエリザベスを着用したcarl。
心配してたけれど、昨夜はぐっすり。
許容してくれてる。
c0056707_9121452.jpg

「長い人生のうちの、わずか10日ほどですから」
という先生の言葉は説得力があった。

許容力がどれだけあるかって、やってみないとわからない。
やる前から無理だと決めつけたらできるものもできないからね。

えらいなあ、carl。
c0056707_9122122.jpg

[PR]

by omori-sh | 2010-11-28 09:16 | dog

再カラー

carlがエリザベス・カラーを外してしまったことを動物病院に報告すると、
「つけとかなきゃいけないので来て下さい」
ということで、土曜の夕方、動物病院へ行くことに。

傷口を舐める気配もなく、カラーを外して落ち着いているcarlなんだけれど、傷口はこれから治るにつれかゆくなるだろうってことは容易に想像できる。
舐めないように服を着せるってのでどうかなと考え、試してみた。
Tシャツとサスペンダーでなかなかいい感じに。
(Tシャツの首から出てるのは尻尾)

でも、先生の指示に従わないと。
患者が勝手なことばかりやると先生はやりづらい。
いつも逆の立場なので、こういう経験もぼくには必要だな。

先生のおっしゃることはごもっともで、とてもよくわかった。
そうそう、傷口が治癒とともにかゆくなって、今は舐めなくてもこれから気になってじっとしていられなくなるだろうって。
そのためにも、カラーに慣れさせておくべきだって。

carlが自力で外せないようにと、二重巻きカラーに。
補強されて、外しにくくなった。
さあどれだけ嫌がるか。

心配してたけれど、昨日とは違って、かなり受け入れているcarl。

やっぱり昨日は精神的に余裕がなかったんだね。
一日経って、carlにも事態がわかってきたのかも。
これだったら、乗り切れるかもしれない。

今夜ぐっすり眠ってくれたら、きっと大丈夫。
[PR]

by omori-sh | 2010-11-27 20:24 | dog

脱カラー

手術を受けて帰って来たcarl、エリザベスがどうも嫌でじっとしていられない。
深夜3時についに自力でカラーをはずしてしまう。
再着は難しいな。

仕方ない。
カラーはなしで。
おかげで落ち着いてくれたし。

どっちがいいんでしょうな。

安静にしてもらうには、カラーないほうがよさそう。
問題は傷口だけど、舐めるだけならいいような。。。

いずれにしても、思った以上に元気なcarl。
ひとまず安心。
[PR]

by omori-sh | 2010-11-27 06:13 | dog

エリザベス・カール

carlの手術が無事終了。
昼休みにかかりつけの動物病院に送り届けて、仕事が終わって迎えに行った。
エリザベス・カラー着用。

傷口は丁寧に縫合され、止血もOK。
足元はフラフラするけれど、とにかくエリザベスが嫌らしい。
こればっかりは仕方ない。

腫瘍があったの足が曲がる場所なので、どうしても動くから、テープによる保護くらいしかできない。
そのテープもすぐにはがれてしまう。
でも、減張切開せずに閉鎖創にできたからよかった。

家に帰ってもまだまだ興奮状態なんだけれど、子どもたちもcarlのことを心配していろいろ手伝ってくれるし、こういうのまたいいなかなって思う。
家族全員がいい経験をしている。
carlのおかげだ。

エリザベスさえ外せたら、きっとcarlは落ち着くだろう。
しばらくの辛抱だよ。
ガンバレ、carl。

それにしても、思ったより元気なcarlでうれしい。
先生、ほんとうにありがとうございました。
心から感謝します。

病理検査の結果が出ないと何とも言えないみたいだけれど、すべて受け入れるので。
大丈夫。
今日こうして無事に家に帰って来られただけで、ぼくは感激しているから。
[PR]

by omori-sh | 2010-11-26 20:17 | dog

金曜日の朝

いつも通りに起きて、暗い中短い散歩。
元気なcarl。
今朝は朝ごはん抜きでかわいそう。

なんで食べさせてくれないの?って顔。
そりゃそうだよね。
でも、思ったよりおとなしくしてくれてる。

今日は手術の日。
傷口が治るまで、いろいろあるだろうけれど、みんなで協力しような。
すっかりよくなったら、また海に行こう。
[PR]

by omori-sh | 2010-11-26 06:29 | dog