<   2011年 07月 ( 62 )   > この月の画像一覧

7月おしまい

日曜午後、バレーボールクラブでいい汗を流した。
クラブの運営も、これがまたいろいろと次から次と課題が生まれてくる。
始めた頃とはずいぶん変わってきた。
クラブらしくなってきたと思う。
ぼくは代表という立場なんだけれど、その立場も徐々に変わってきている。
クラブが大きくなってることは喜ばしいことなので、うまく受け入れていきたいと思う。

来週はコーチが少ないから、さてどうしたものか。
まあ何とかなるでしょう。

クラブが終わって帰宅したらkasuはまだ部活から帰ってきてなくて、妻とchuが夏休みの課題に取り組んでた。
平日はあんまり余裕ないからね。

部活から帰ってきたkasu、今日もよくがんばったね。
よし、この勢いで夏休みの課題を1つ終わらせよう。

夏休みは7月中にどれだけ課題を済ますことができるか、だと思ってる。
7月が終わる。

どうかな、そこそこはできてきてるかな。

ああ、ほんとに7月がおしまいだよ。
[PR]

by omori-sh | 2011-07-31 19:32 | episode

工作中

c0056707_11392287.jpg

日曜午前は工作タイム。
女子チームは家庭科作品づくりに励む。

午後はバレーボールクラブだ。
kasuは部活。
子どもたちもハードスケジュールだよねえ。
[PR]

by omori-sh | 2011-07-31 11:41 | children

久々の海

久しぶりにcarlと海へ。
そしたらサメに注意の看板が。
c0056707_821153.jpg

明石海峡にサメがいるんだ。
怖がる妻。
ジョーズがいるわけじゃないし。

さっそく泳ぐcarl。
よかったね。
c0056707_8211168.jpg

家族揃って日曜の朝に海に来ることができた。
c0056707_8211630.jpg

夏休みの、1つの思い出になったかな。
[PR]

by omori-sh | 2011-07-31 08:24 | dog

夏休みの工作

夏休み、子どもたちは自由課題でつまずく。
自由ってのが難しい。
だからつい口出しする。

口出しよりも、手出しになる。
だって、楽しそうだから。
ついやってしまう。

「ちょっと貸してみ」

「ほら、こうやってみたら」

「おとうさんが見本を作ってやるから」

「ちゃうねん、こうすんねん」

そのうち、黙ってあれこれやってる。

今年もそうなりそうだけど、ほどほどにしとこう。
自分で作った、って思える作品にせな。
[PR]

by omori-sh | 2011-07-30 23:08 | children

全然違う土曜の朝

一週間前の土曜は夏まつりで、仕事を休んだ。
PTA役員としての一大イベントだった。
ぼくも6時半頃学校に行った。
教頭先生がすでに来られていて、解錠して下さってた。

一週間前の土曜と、今日は、わずか一週間なのに、全然違う土曜日。

この一週間のうちに、子どもたちにもいろいろな出来事があって、日々成長してるなって思う。
ぼくも高校時代の同級生に会ったりして、いっぱい刺激を受けた。
40過ぎると同窓会が増えるっての、わかる。

今日は仕事するのは7月最後の日で、今月の目標達成にはギリギリの線。
でも、この一ヶ月は振り返ればみどりぐみの食事会があったり妻の誕生日があったり盛りだくさんな中、仕事も忙しく、充実していた。

どんどん毎日が過ぎてゆく。

転職の岐路に立っている友だちから内定をもらったけれどどうしようか迷っているという連絡をもらった。

みんなそれぞれに変わりながら進んでいる。
変わってゆくけど、友だちって事実は変わらない。

変わることと変わらないこと。
変わったほうがいいことと変わらないほうがいいこと。
変えざるを得ないことと変えたくても変えられないこと。

少なくとも今日という土曜日は、一週間前の土曜とは全然違う。
[PR]

by omori-sh | 2011-07-30 06:42 | episode

検診日

carl、一ヶ月ぶりの動物病院。
ずいぶんよくなってる。

でも、血液検査で肝臓の検査項目に問題あり。
瞳孔も左右非対称らしい。

carlの体の中で、何かが起こっている。
薬の副作用かもしれないし、そうじゃないかもしれない。

病気とうまくつき合いながら、だね。
[PR]

by omori-sh | 2011-07-29 21:14 | dog

高校の同級生

高校時代の同級生と飲み会。
1年8組3人と、1年7組1人。
懐かしいなかまたち。

それぞれにそれぞれの接点があり、微妙なつながり。
それが今回偶然のきっかけで集まった。
男3人女1人。

おもしろいもんだ。
あっという間に25年前。
こんなに風貌変わってるのに。

それでも気持ちは意外と変わってない。

だから楽しい。
[PR]

by omori-sh | 2011-07-29 00:44 | episode

なかなか起きられない

chu、毎朝なかなか起きられない。
「朝6時までに起きる」は夏休みの目標の1つなんだけど。

ぼくが小学生の頃はラジオ体操が毎朝あったから、6時半には外に出てた。
起きるのは6時20分とかだったけど。

そう考えると、6時起床は特別早くて睡眠不足になるってほどでもないはず。
夜更かししなければ。

子どもの生活習慣づくりも親として大事なことだと思う。
いかにうまいこと持っていけるか。

子どもは親を見てるからなあ。
[PR]

by omori-sh | 2011-07-28 06:47 | children

親としてのスタンス

夏休みの自由課題、これまでずいぶん子どもたちを手伝ってきた。
これからは手伝わない、というわけではないけれど、子どもの自主性を尊重したいと思う。
chuももう4年生だから。

自分で考えて、工夫しよう。
そのために、どんなアドバイスがいいのか。
よくわからないけれど、「計画を立てろ」と強く促してみた。

自分でやりたいことをするんなら、具体的にどんなものをつくりたいのか、どんな内容でやりたいのかを書いてみろ、と。

それがはっきりして、けどやろうとして困ったときには手伝ってあげるから。
手伝いもできるだけ手出しではなく口出しで。
手出ししたくなるだろうけれど。

先日いつもお世話になってる教師の方とメールのやりとりをしていて、こんなコメントが届いた。

昨日(7/25)、校内で研修をしまして心理カウンセラーの先生に講演をしていただきました。
ご存知でしょうか、自分の性格の傾向をドラエもんの登場人物に当てはめていくものです。
私にもかなり問題があって、先生いわく「カウンセリングがすぐにでも必要ですよ」とのことでした。
主に子育てのことだったのですが、子どもたちに自立心をつけるためにどうすればよいか、などいろいろとアドバイスをいただきました。
結果的に「子どもは親の姿勢から形成される」という当たり前の結論を再認識させられました。


「子どもは親の姿勢から形成される」

そうなんだよね。
親に限らず、リーダーってそういう役割なんだよな。

かといって自分自身を偽ることはできない。
自分自身のありのままを表現するしかない。
親としてこうあるべき、と思っても、できることとできないことがある。

背中でどれだけのことを示せる男に、今の自分はなってるだろう。

今のオレの背中は、何を語りかけているだろう。

オレの背中を見て、何か感じる?
[PR]

by omori-sh | 2011-07-27 22:26 | episode

セミはやかましいけど涼しい朝

水曜の朝、天候は曇り。
セミはやかましいけど涼しい。

水曜はちょっと気持ちに余裕が出てくる。
一週間、週末にかけて朝を迎えた時、微妙に気持ちに違いがある。

7月も残りわずか。
目標達成はきわどいところ。

kasuがぼくらより先に家を出て部活に向かった。
夏休みの練習に7時前に家を出るんだね。

夏休みにおいてこの7月最終週って、すごく大切な一週間だと思う。
この一週間の過ごし方が8月を大きく左右する。

chu、宿題がんばれよ。
[PR]

by omori-sh | 2011-07-27 06:56 | episode