久々の在宅

月曜午後、電話で問い合わせがあった。
訪問歯科診療に関すること。
99歳でほとんど外出されることのなくなったご老人のご家族から。

これまで関わったこともなく、なぜうちに連絡があったのかよくわからない。
状況がまったくつかめないので、とにかく一度ご家族の方にお越しいただいて、話を聞くことにした。
話を伺ううちに、少しずつわかってきた。

診療が終わって、準備をしてご老人に会いに行った。
公団の4階。
高齢のご夫婦で暮らしておられるが、娘さんたちが近くにおられるので整理整頓が行き届いた室内。

久々の在宅に、気持ちが高ぶった。

いい仕事だなとあらためて思った。

帰りにケアマネさんが所属する在宅介護支援センターに寄った。
うちに話が来たのがケアマネさんの紹介ということだったこともあり、確かめたかったのと、もちろん、訪問の報告を。
19時を過ぎているのにまだ職員の方は何人もおられた。

そして、うちを紹介なさったのには特にこれといった理由がなく、消去法だったことがわかった。

なるほど、これも縁だな。

[PR]

by omori-sh | 2014-09-22 22:23 | create d.c.