人気ブログランキング |

蝉の昼休み

昼下がり、とある公園で。
chuと通りがかった公園。
蝉がうるさくても不思議じゃないのに蝉のみなさんとっても静か。

たくさん止まっている木では蝉が鈴なりになっている。

台風が近づいてきたからか?

夜、蝉は鳴かない。
朝、蝉が鳴き出す時間は5時半から6時の間だ。
明るくなってくると鳴き出すのかな。

真っ昼間は蝉も昼寝をして、夕方に再び鳴き出すんだったっけ。

ということで調べてみると、

ク鳴き声や鳴く時間帯は種類によって異なり、種類を判別する有効な手がかりとなる。
たとえば日本産セミ類ではクマゼミは午前中、アブラゼミやツクツクボウシは午後、ヒグラシは朝夕、ニイニイゼミは1日中などとなる。
夏に多いとはいえ真昼の暑い時間帯に鳴くセミは少なく、比較的涼しい朝夕の方が多くの種類の鳴き声が聞かれる。


蝉は成虫になって1週間しか生きられない、というのも蝉の飼育が困難であるかららしい。
実際には1か月くらい生きているという。
そうか、蝉は捕まえられたら長生きできないんだ。

夏といえば蝉捕りだが、むやみに蝉の寿命を短くしない配慮は必要だな。

chuもだいぶん自分で蝉を捕まえられるようになった。
バッタとかカマキリばっかりではなく、蝉や蝶を捕まえることができると虫捕りは楽しいだろう。
でも、捕まえてもできるだけすぐに逃がしてあげるようにしよう。

それにしても夏の昆虫の代表格である蝉も、昼間の暑い時間帯は木陰で並んで一休み、というのもおもしろい光景だった。

by omori-sh | 2007-08-02 17:09 | episode